日本姉大賞2014投票 
NOP 12/10(水) 15:05:07 No.20141210150507
今年も日本姉大賞の季節になりました。

昨年はウザ姉(弟が好きすぎてやたらめったらまとわりついたりちょっかいを出したりしてきて、何かあるとすねたり泣いたりするウザい姉)が大豊作でしたが、今年は魅力的なヤン姉(精神を病んでいる姉や、脳内で弟のことばかり考えているせいで脳の正常な機能が阻害されている姉)に数多く出会えました。ウザ姉もヤン姉も大好物なので、二年ぶっ続けで幸せな気持ちでいられました。

さて、今年は以下の3名のヤン姉に投票したいと思います。

・夏目椋鳥(「病マナヒ姉ハ無ヒ」)10票
弟を狂ったように溺愛する究極のヤン姉、むー姉に10票を投じます。「夢は弟に性教育をすること」という、どこへ出しても恥ずかしくない変態です。
ただでさえエロゲーヒロインは票を取りにくいうえ、ものすごくニッチで人を選ぶゲーム(ゲーム前半はギャグテイストだが中盤以降は阿鼻叫喚の地獄絵巻、後味は最悪)のため、この10票の他に票が入らないのではないかと危惧しています。弟を好きすぎておかしくなってしまったお姉ちゃん、というのにグッと来る諸弟は絶対に出会っておくべき姉だと思いますので、機会があればぜひプレイしてください。
画面内のむー姉にニヤニヤしたりビクビクしたり、だいぶ楽しませてもらいました。彼女には本当に幸せになって欲しいと思いましたが(言いたいことはたくさんあるけどネタバレ自粛)。


・姉(『姉弟ほど近く遠いものはない』)10票
昨年の秋に単行本を読んでからもう目が離せなくなった名作ヤンデレ姉漫画、『姉弟ほど近く遠いものはない』の姉に10票を投じます。「こういうヤン姉がこういうことをしてくれたらいいなあ」というこちらの理想を片っ端から実行してくれた、かゆいところに手が届くヤン姉です。この漫画を機にヤン姉の魅力に気付いた弟も多いのではないでしょうか。
どうかあの殺伐としたダラダラ痴話喧嘩を今後も末永く続けてほしいと思います。

・花菱桜織(「あねよめカルテット」)10票
あの佐々宮ちるだ氏メインシナリオ担当ということで条件反射的に予約購入してしまったエロゲー「あねよめカルテット」の三女、さおり姉に10票を投じます。
抜きゲーでありながら姉妹間の楽しい日常も丁寧に描かれていて、ゲームとしてもすばらしいと思いますが、何より4人のお姉ちゃんたちがみんなとっても魅力的で大満足でした。
その中でも、タレ目がチャームポイントのさおり姉を推したいと思います。家事万能、弟が大好き、それでいて支えてあげたくなるような脆さも持っていて、本当に素敵でした。エロかったりやきもち焼きだったりと、次々と新たな一面が見えてくるシナリオも見事で、ゲームを続けるうちにどんどんさおり姉が好きになっていきました。あの寝巻き姿は卑怯です。かわいすぎて卒倒しそうになりました。
さおり姉が抱える心の問題は、主人公の尽力で回復の兆しを見せ、次第に「ヤン姉」ではなくなっていきます。ネタバレになるので詳細はここに書けませんが、少しずつ前向きになっていくさおり姉を応援しながらのゲームプレイは本当に楽しいものでした。

以上で投票した姉たちの他にも水原一香(『お姉ちゃんが来た』)とか夜ノ森紅緒(『未確認で進行形』)のように数多くのヤン姉(というよりウザ姉以上ヤン姉未満かな?)に出会え、充実した姉ライフが過ごせました。来年もお姉ちゃんに恵まれる年でありますように。

1.  全姉連総裁     12/23(火) 23:03:33 No.20141210150507-1
今年もウザ姉&ヤン姉推しの投票ありがとうございます〜。
「病マナヒ姉ハ無ヒ」は、まさに貴弟向けの作品だったことでしょう。
小弟、実は小心者なので、手を出していない作品だったんですが、期待を裏切らないヤン姉ゲーだったことはよく伝わりました。
阿鼻叫喚の地獄絵巻……怖そ〜……。
あねちかの姉さんも、最初はウザ姉分類だったはずが、いつのまにやらヤン姉でしたね。
あねよめカルテットは、誰にでもお薦めできる姉ゲーとして、今年の代表作とも言えるでしょう。
シナリオの安定感はホント大事です。
次も佐々宮先生起用の姉ゲーを期待したいです。


返信投稿

なまえ
メールアドレス
本文  アドレスをリンクする  〔 画像の添付と削除
パスワード     なまえ等を保存

掲示板に戻る      ホームページに戻る