2010年12月27日

2011年1月期 姉アニメチェック

1月からの新番組で、姉アニメの期待が持てそうなのはこの2本。


『放浪息子』(フジテレビ系)

志村貴子先生原作、月刊コミックビーム連載漫画のアニメ化。
「女の子になりたい男の子」と「男の子になりたい女の子」、二人の主人公が出会い、秘密を共有する。
中学生になった二人を取り巻く人間関係や思春期の悩みを描く...といった内容とのこと。

その「女の子になりたい男の子」である二鳥修一君にはお姉ちゃんが一人。
二鳥真穂お姉ちゃん(CV:水樹奈々)。

修一の一つ年上のお姉ちゃん。 修一と違い活発で我が強く、怒りっぽい。読者モデルをやっている。

これだけではよく分からないので、Wikipediaに寄せられた解説を一部抜粋すると...

修一の年子の姉。連載開始時は小学6年生で、12歳。中学生になってからも修一と同じ部屋で寝起きしている。(中略)すぐに修一に自分の用事を押し付けようとし、きつく当たることが多いが、彼の性癖を知っても笑わずに慰めるなど思いやりも持っている。しかし初め自分に好意を抱いていた理久が女装した修一に恋をしたことがきっかけで、修一の可愛らしさ・周囲の人たち(特に女性)から愛され過ぎることに嫉妬心を抱き、女装も止めさせようとする等、関係がぎくしゃくするようになってしまった。

太字にした部分、良いですねぇ。
世間は白い目で見ることがあっても、お姉ちゃんは弟の良き理解者であり味方であって欲しいものだから。
弟のことをきちんと分かってくれる姉であれば、少しくらい横暴な面があったって大丈夫。
後半のぎくしゃくした関係は少々つらい展開ですが、ここでの嫉妬心って独占欲から来るものですよね?
ということは......?

放映はフジテレビ・ノイタミナ枠。今のところフジテレビだけですが、いずれ増えるでしょう。



『フリージング』(U局系、AT-X)


あの『黒神』の林達永先生原作(作画・金光鉉先生)、コミックヴァルキリー連載の美少女SFバトル漫画がアニメ化。

公式のストーリー紹介は...

人類を滅亡に追いやる異次元体『ノヴァ』との戦いで姉を失った少年カズヤは、ある学園に編入生としてやってきた。

いきなりお姉ちゃん死んじゃったよ!
しかし、諦めずに先を読むと...

他人が触れることを決して許さない「接触禁止の女王」と恐れられる最強の二年、サテライザー=エル=ブリジット。 カズヤは彼女に、亡き姉の面影を見る。

お姉さま的なヒロインが登場。
サテライザー=エル=ブリジットお姉さま(CV:能登麻美子)。

異次元体対応作戦学校「ゼネティックス」の2年生。 「接触禁止の魔女」の異名を取る女生徒。 その冷徹さで人を寄せつけない。

すみません、金髪碧眼・長身爆乳お姉さまというだけで小弟はもう完全にやられました。
接触を許さないと言いながら、プロモーションビデオでチラッと見えるお姉ちゃんぱふぱふシーンが気になって仕方ありません。

バトル中心の作品だけあって、彼女以外のヒロインも強くてカッコイイ系のお姉さまがたくさん。
聞く所によれば、サテライザーさん自身も弟持ちだったり、彼女に対抗するホーリー=ローズ先輩が弟持ちの良い姉だとか。
さらには、学園モノで主人公が1年生、登場ヒロインのほとんどが2年生以上の先輩。
女教師、保健の先生も完備となれば、はっきり言って年上ハーレム状態ですよ、これ。
何が何でもチェックせざるを得ない!

トラックバックURL

このエントリーのトラックバックURL:
http://www.zenaneren.org/mt6/mt-tb.cgi/1336