2004年12月21日

つつみあかり先生の商業誌+同人誌新刊

今年を振り返って、ベストの姉コミック単行本といえば、迷わずつつみあかり先生の
『姉の淫腔』を挙げますが、そのつつみ先生の新刊がもう既に発売されていました。

つつみあかり先生ホームページ。

いおな姉さん@アネもネがクリスマス仕様でお出迎え。

と、見とれている場合でもなくて、本題であるところの単行本は『その気にさせないで』。
アンソロ掲載作を中心に17本って、…17本も?

そして、見落としてはならないのは冬コミの告知

「同人でも姉かよ」!

えーと、2日目の開会直後は東ナ-45b方面に出ていて留守かも知れません。
冗談。売り子さんはちゃんと居ます。そういう問題?

トラックバックURL

このエントリーのトラックバックURL:
http://www.zenaneren.org/mt6/mt-tb.cgi/409

コメント[1]

はじめまして、あかりさんの描写の綺麗さには
素直に「いいな!」って思います。
自分も、親戚のお姉さんに(大学の教育学部)
半分無理やりに家庭教師を強制され冬だったのですが、

正直綺麗な人です。黒パンストにミニスカで・・・

コタツの中で足突っつかれて、股間につま先が伸びてきて・・・
14歳だったから、自分でもよく憶えていないってのが記憶です。

やっちゃいました。それからずっと彼女と半年は・・・
今は彼女も結婚しています。私ももう全然合ってませんよ。
彼女が何を私に求めていたのか?今も解りません・・

10代で・・・中学生で、やっぱり無理ですよ!
女ってもの感じて理解するのって!

そんなとこです。
いっぱいイイ作品作ってください!

では!