2007年5月29日

今週のお姉ちゃんチェック

先週のおさらいから。

『君が主で執事が俺で』(みなとそふと)

1周目森羅様を終え、2周目朱子さん中。
良かった良かった。目一杯楽しんでいます。
失礼な話、『つよきす』の成功以来、注目を浴びたが故に変な色気を出してしまっていたら興ざめかもなぁ…との点だけがちょっっとだけ気がかりだったんですが、もう全然そんなことナシ。『姉しよ』からのファンならば、あの慣れ親しんだ雰囲気がそこに。
読みたかったものが、味わいたかったものがありました。
鳩ねぇの立ち位置も期待以上。まだ未有様ルートさえ突入していないのに。

そうだ、鳩ねぇのキャラクターソングも、確かに「電波に歌いあげ」られておりました。危険。

話変わって、アニメ『sola』
蒼乃姉さんは大人しくて穏健派な姉さんだと思っていたら、とんでもない。
ここに来て恐ろしいブラコン姉オーラを発し始めました。
折しも公式サイトのトップFLASHが蒼乃姉さんのアップ。
本当に待っていて良かった…。
物語も急展開を始め、目が離せない状況は続きます。


『アットホーム・ロマンス』(風華チルヲ/まんがタイムきららキャラット7月号)


amazon.co.jp

「風呂イン」「マムーン!!」漫画でお馴染みの(お馴染んでないって!<なぜなら今月の新語だから)過剰家族愛漫画『アットホーム・ロマンス』
1ページ目・大上段から姉と弟がお風呂でおっぱいだっこ
…これ入ってるよね?(一般に通じにくいネタで申し訳ない)
何が、って……お風呂に。
1ページ目から噴き出してたら、今月はそれ以降ママ成分大増量。
当然のようにママ欲情病のあの人はお祭り状態なのでありました。

さて、アンケート葉書で姉属性ママ属性の力見せようキャンペーンも正念場でございます故、各々方。



『つくしてあげるのに!』(Peassoft)

amazon.co.jp


幼なじみの女の子達に尽くされちゃう学園モノ。
その数7人
幼なじみ=1人、多くても2人と考えるのは古い頭ですか?

これだけ幼なじみがいればもちろんおねえちゃんもいます。
入江美月おねえちゃん(CV:一色ヒカル)。

誰よりも優しい甘やかせお姉さん
一つ年上、みんなのお姉さん的な幼なじみ。他の幼馴染よりも落ち着いた大人の雰囲気を持っている。
今まで、弟みたいだと思っていた春樹が急に大人っぽくなってきて最近、少し気になっているみたい。
ゆかりや小春に気を使って気持ちを口には出せないでいる。

弟が急に大人っぽく見えてこようが、弟は一生弟、姉は一生姉っすよ!
そこん所をちゃんと分かってくれているかが見ものですかね。


…と、幼なじみおねえちゃんだけでは済まないゲームのようで、悪友であり男の幼なじみにおねえちゃんがいることを発見。
大越楓おねえちゃん(CV:楠鈴音)

常にクール、頼りになる姉的存在
悪友であり幼馴染の大越一志の姉。
他の幼馴染より少し歳が離れていて春樹たちが通う学園で教師をしている。
美人だがクールで厳しい性格、恋には興味ないと言ってるけれど、やっぱり好きな人が?

幼なじみで悪友の姉といえば…タマ姉のこともある訳で、こういう距離感も良いもの。
しかし、姉弟で髪の毛の色が違うってのはいただけませんなぁ。
その辺はこだわっていただかないと!

トラックバックURL

このエントリーのトラックバックURL:
http://www.zenaneren.org/mt6/mt-tb.cgi/927