2009年8月18日

コミックマーケット76 ありがとうございました

おかげさまで、無事に参加してきました。
参加報告...というより、お礼報告。

かれこれ参加12回目なのに、準備であたふたしているところに丸戸史明先生がご来訪。
いつも本当にありがとうございます。
『めもらるクーク』は、日本一面白いライトノベルだと思っております。お世辞抜きで!)
丸戸先生は今や『ホワイトアルバム2』で時の人ですが、「ホワイトアルバムなのに黒スト出るんですか?」なんて下らないことを聞いたら、「後半に行くにつれて増えます」というカウンターを喰らいました。さすが。


佐々宮ちるだ先生がこっそりとご挨拶に来て下さいました。
先生とは、先日の静様のライブでもお会いしたばかり。
その時のレポートを先生が詳しく書かれているので、全姉連上のレポートに代えさせて頂いちゃ...だめ?



つつみあかり先生のところへ、ご挨拶に伺いました。
コミケではタマ姉以降ぐらいしか知らないファン歴の浅い総裁には、猫耳属性でいらっしゃることを知らず、新鮮な印象を受けたのでした。そういえば、『アネもネ』にも猫耳姉さんがいたなぁ...
それと、つつみ先生がリアルお姉さんにときめいた時の話を聞いてしまったのですが、それはいずれご本人に漫画化してもらうとして。

音音先生のところへ、ご挨拶に伺いました。
何度も言いますが、総裁はタマ姉×雄二派です。
なので、タマ姉が雄二を食べちゃう本を定期的に読まないと、正常な精神が保てません。
はぁ...安らぐ...
ちなみに、偶然にも猫耳タマ姉本でした。
もう1冊の新刊は、まさかのキュアベリー・姉弟いちゃいちゃ本。
姉弟的にイマイチ頑張ってくれないアニメ本編の補完はこの一冊で全て解決。
あと、おまけでタマ姉&キュアベリーのペーパークラフトもらいました。かわいいのです。

ういろうそふとのオカシハジメ氏がお越し下さいました。
全ママ連だけでなく、うちの方も気に留めてくださっているようで、ありがとうございます!

「年上女性との恋と愛をアナタに」、カトレアソフトの方もわざわざお越し下さったようです。
留守にしていました、すみません。
『美熟母』では、素敵なお姉さんを登場させてくれていたのにすみませんんん!
我々向けの作品を出してくれているブランドなのに、きちんと取り扱ったことがなくて焦っているのは事実なんですよねぇ。

姉ゲーの祖の一人、タカヒロ氏にもご挨拶してきました。
今回は全姉連新刊の表紙に百代姉さんを使わせていただいたので、そのお礼も含めて。
みなとそふと第2作目、しかもかなりの大作・話題作の発売を間近に控えて大変な時期だとは思いますが、ささやかながら応援の言葉を贈らせていただきました。

amazon.co.jp



昨年、ゲスト原稿で拙稿を載せていただいたかーずSPさんのところにもご挨拶を。
その節は全姉連新刊の告知にリンクを張っていただき、ありがとうございました!
かーずSPさんの新刊『まじカル! StriKarzU』、豪華執筆陣、どれを取っても濃い内容で凄い本です。読み物同人誌の中での最高峰。

リンクに関しては、YU-SHOWさんにもご紹介いただきました。ありがとうございます。
腋フェチになってしまったとしたら、それはチル先生の思うツボです。

Faxiaさんにもいつもご紹介いただいています。ありがとうございます!

青橋由高先生、睡眠不足でありながら、わざわざ全姉連のスペースにお越し下さいました。
全姉連新刊でも、姉ノベルの中で一押しにさせていただきました。
青橋先生も、お仕事である以上、姉モノばかり書く訳にはゴニョゴニョ...みたいな事情もおありなのでしょうが、全姉連とその一同は青橋先生の姉系作品の全面的支持を表明いたします。
<関連リンク>
好き好き大好き 青橋由高フェア特別インタビューその2
・今月の青橋先生新刊『トリプル押しかけ許嫁』

amazon.co.jp


そして何より、全姉連のスペースに足を運んでくださった諸弟諸妹の皆さまに最大級の感謝を!
これを支えに全姉連を続けていられるようなもので。
11冊出しても素人テキストで残念な限りですが、上手く文意と姉情報を読み取ってもらえたら幸いです。
差し入れくださった方、ありがとうございました。

そういえば、今回は2~3人ほど女性のお客さんの姿がありました。
これはもう帰る頃には総裁も姉持ちの勝ち組入りフラグが立ったと思ったのに、いつも通りの打ち上げでビールをかっ喰らう総裁の姿が大井町で目撃されたとか...。
帰りは、ITFさんのタマ姉仕様のイタ車痛車で送ってもらってご機嫌でしたけれども。

タマ姉車


以上、毎度ながら総裁が一番楽しませてもらっているという参加報告でした。
次回C77、参加費の決済は済ませてしまったので、"申込み"は確定です。
無事に本が出せたら、大みそかにまたお会いしましょう。

トラックバックURL

このエントリーのトラックバックURL:
http://www.zenaneren.org/mt6/mt-tb.cgi/1204