2009年9月 2日

今週のお姉ちゃんチェック

『アットホーム・ロマンス』連載終了!

というわけで、3年3か月の長きにわたり過剰家族愛4コマを描き続けてきた風華チルヲ先生の慰労会を開催してきました。(出席者3名)

会場は、『アットホーム・ロマンス』のロケ地でもある、「炭火串焼 GI鳥」さん(愛知県春日井市)。(参考リンク

アットホーム・ロマンス

これは、いわば聖地巡礼。
ならば写真を撮らないと...と思ったのですが、酔っぱらいが適当に撮った写真では、何が何だか。

GI鳥さんカウンター席


大将はまだ若くしていい人で、楽しさのあまり、気付いたら5時間も居座っていました。
邪魔な客ですみません。また行きます!

慰労会では、アットホーム・ロマンスのストーリーに込められた作者の思いから、連載中の苦労、アットホーム・ロマンスより前の黒歴史や作者のフェティシズムまで、たっぷりと語っていただきました。
その内容はまとめた上で、また別の機会に。


NintendoDS『ラブプラス』(コナミ)


amazon.co.jp


リアルタイム恋愛コミュニケーションソフト、今週発売。
DSをのぞき込んでニヤつく非モテ男子量産が予想される中、我々年上スキーも黙っちゃいられません。登場ヒロインが、後輩・同級生・先輩と用意されていると聞いたら。
しかも名字が「姉ヶ崎」。名前は「寧々」すなわち「ねぇねぇ」
姉属性の勝利です!

その姉ヶ崎寧々センパイは主人公より1歳年上で、

主人公の上級生で、 バイト先のファミレスでも先輩。 容姿、内面ともに大人びているせいか、 周りから過剰に頼られてしまうことも...

イベントシーンの動画もチェックしてみると、ほんわかしつつも芯のあるセンパイで、ノーマルなプレイヤーにも。通のプレイヤーにも受けそうなバランス加減。
個人的には、ひざまくらで耳かきしてもらいたい先輩だ!とビビッと来ました。

あくまで「姉」ではなく「先輩」なので、普段は姉至上主義の貴弟も本作に関しては年上の彼女といちゃつくゲームとして気持ちを切り替えた方が吉か。
しかし、学園モノのギャルゲーとは違い、先輩キャラでありながらリアルタイムにいつでも側にいる感覚が味わえる点では、姉に近い感覚があるのかなぁと想像したり。


そして、ボイスはというと、皆口裕子さん。
今ではすっかりママ声のイメージが定着してしまった皆口さん演じる女子高生は、人妻がセーラー服を着せられて恥じらっているような味わいがあり、うっかりあの特殊性癖の全ママ連代表の心境に陥ってしまったのでした。

トラックバックURL

このエントリーのトラックバックURL:
http://www.zenaneren.org/mt6/mt-tb.cgi/1207