2011年5月22日

今週のお姉ちゃんチェック

5月29日(日)は、姉属性オンリーイベント「姉魂っ 2人目」の開催です。
たくさんのご来場、お待ちしております。

姉魂っ 2人目

入場は無料です。
カタログは当日販売です。

サークルリストはこちら

アフターイベント(ステージ企画)についてはこちら


午後5時から8時頃まで、川崎駅東口のとあるお店にて懇親会(打ち上げ)を開催します。
スタッフ、ゲスト、サークル参加者のほか、一般参加者も参加できます。
同じ趣味の持ち主同士の気軽な会ですので、姉について語りたい方はどうぞお越しください。
立食形式、会費制(4000円)です。
イベント開催中(午後2時30分まで)に本部で受付します。
希望多数の場合は先着順となります。未成年者はご遠慮ください。
ご不明な点は、あらかじめメールなどでお問い合わせください。



『姉キス@Home~恋するお姉ちゃんとえっちな日常~』 (Love Juice)


amazon.co.jp


3人のお姉ちゃんに囲まれ、仲良く日常を送っていた主人公。
ある日、父親の再婚により一つ年上の義姉が家族に加わることとなり、3人のお姉ちゃん達は新たな姉の登場に三者三様の対抗心を燃やして大好きな弟に迫ってくる......!
というストーリー。


登場人物がすべてお姉ちゃん、って時点ですでに姉ゲー確定なんですが、セールスポイントも姉属性プレイヤー狙い撃ちの魅力的なものばかり。

その1 登場ヒロインはすべて姉!(義姉含)

その2 4人4様の魅力的なお姉ちゃん!

その3 恋人ルートと仲良し姉弟ルートを用意!

その4 H以外のシーンでも主人公×お姉ちゃんのラブラブエピソードをぎゅっと詰め込みます!

その5 とにかく実用性重視!!

それぞれの項目の詳細は公式サイトでぜひ。
小弟が特に注目したのは「その3 恋人ルートと仲良し姉弟ルートを用意!」の項。

お姉ちゃんと甘甘な恋人生活? それともちょっぴり切ないまま姉弟関係続行!? お姉ちゃんとどんな結末を辿るかはプレイヤーの選択次第! 条件を満たしてお姉ちゃん達に囲まれたハーレムルートも!?

わざわざこの2択を用意してくれたのはポイント高いです。
姉ゲーマニアなら、どちらの選択も味わいがあって二つとも楽しみたいと思うものだから。

公式サイトでは体験版も公開中。
プロローグと序盤がプレイできる体験版は、姉ゲーマーの期待する姉弟のありふれた日常と、しかし義姉の登場によってお姉ちゃん達の弟魂(ブラコン)に火が付いてしまう姿が楽しめます。
『オレの姉ちゃん』に状況が似ているなと感づいたプレイヤーは鋭い。
製作ブランドは前作『オレ姉』で姉ゲーの知名度を上げたLove Juiceです。
平凡な姉弟達の生活に一陣の風が吹き、姉弟がさらに親密に......のスタイルは王道かつ鉄板。
従って、『オレ姉』ファンは絶対の要チェック作品。
個人的には前作の主人公が少々とげとげしかったのが、新作では角が取れてお姉ちゃんの誘惑に逆らえない子になっているところに好感度、感情移入度アップです。

そんな弟を誘惑するいけないお姉ちゃん達。
長女の珠子お姉ちゃん(CV:木村あやか)

美術大学を卒業後、学園で美術を教える傍ら児童絵本画家としても活躍中。 学園では「友達みたいな先生」として人気が高い。 家では日々長女らしからぬ奔放さで主人公に甘えている。 「お姉さん」であることに疲れて自由に生きることにした......とは本人の談。 義姉に対しては主人公をとられまいと対抗意識を燃やしている。 家事全般を担当し、いつでもお嫁さんになれると自負している。

「んー? 好きな人とするの、自然なことでしょ? ほら、もう一回ちゅう」

学園では女教師を務め、家庭では二人の姉と一人の弟を束ね、母親なき家族をまとめる長女、、、の肩書きからは遠そうな天真爛漫なタイプお姉ちゃん。
どちらかと言えば甘えん坊なお姉ちゃんとして描かれていますが、求めれば甘えさせてくれる姉の器量も兼ね備えた印象。
家事もこなせる良妻賢母型で、やはり長女の肩書きは伊達じゃありません。


次女・梢お姉ちゃん(CV:半田せり)

ファッション雑誌編集者......だったが、雑誌廃刊に伴いエロマンガ雑誌に配属された。 主人公には教育上よくないと判断し、内緒にしている。 ......がバレてからは開き直り、「取材」と称して主人公の身体を弄び、慣れないSMやエロマンガを根拠とした性知識で主人公に迫る。 仕事はできるが家事一切が苦手で、家ではラフな格好。 家事は長女や弟にまかせっきりの片付けられないオンナである。

「ふふっ、たまにはこういうのもいいわね......クセになりそう」

長女が優しいお姉ちゃんタイプなら、次女はこうでなくっちゃね!
クールで自信家、仕事は有能だが家ではラフ、弟をいじってもてあそぶことが趣味の悪い姉貴。
しかし、実はこういう姉貴が最も弟に惚れやすかったり、イベントCGで見せる弟思いの表情にドキッとさせられることは経験則上明らか。
クールとはいえ高飛車ではなく、意外にスレていない面もあって、一見こんなタイプが好みでなくても取っつきやすいお姉ちゃんだと思います。

三女は詠美お姉ちゃん(CV:未空)

教育学部に通う学生。教育実習生として主人公の通う学園で奮闘中。 少し天然なところもあるけれど素直でまじめ、性的なことに対しても羞恥心が強い。 ふたりの個性の強い姉の下でオロオロする日々。 主人公に対しては優しく、良きお姉ちゃんであろうとするが新しい家族の登場に心穏やかでいられない様子。

「もう、学校ではお姉ちゃんって呼んじゃだめだってば」

3姉妹の末っ子の地位は、上2人のプレッシャーに圧されながらも、もっとも弟と歳が近いという好ポジションにあり、友達のような親密感が武器。
自己主張の強い姉ではなく少々天然気味の面もあるので、弟の方から寄り添ってあげたくなるお姉ちゃん。
恥ずかしがり屋なのに、いざ弟に目覚めてしまうと大胆になることも。


そして、新たに義姉となった悠香お姉ちゃん(CV:古天条花寿乃)


主人公と同じ学園に通う、一つ年上の先輩。
親の再婚を機に主人公と姉弟になる。
人見知り&プライドの高い性格で、友達を作ることが苦手。
家庭でも学園でも周囲に馴染めずに一人でいることが多い。
男性に苦手意識があり、主人公にもついキツくあたってしまう。

「ちょっと、近すぎ......もっとそっち行ってよ。パーソナルスペースって言葉知らないの?」

同居生活を始めることをまだ受け容れられず、体験版の範囲では主人公ら姉弟達に対して心を閉ざしたまま。
もちろん、これに続く製品版では主人公とは仲良しの姉弟になってくれるでしょうし、その過程が大きな見どころにあるのは間違いないはず。


LoveJuice様には、「姉魂っ 2人目~SIS-CON!2~」の趣旨にご賛同くださり、イベントカタログにゲスト原稿をお寄せいただきました。
開発日誌にもご紹介いただきました)
どうもありがとうございました!



『獄淫の尖塔』(BlackCyc)


「獄淫の尖塔」応援中!

amazon.co.jp


OLのお姉ちゃんに届け物をするため、その職場のある超高層ビルに入った主人公。
しかし、ビルは謎の力によって封鎖され、欲望に駆られた人々が繰り広げる惨劇......という非日常系パニックアドベンチャー。

主人公が実姉持ちの弟クンで、お姉ちゃんに用事があってビルにやって来たとの設定から、ストーリーの軸は姉弟にある模様。

筆頭ヒロイン、三津谷香奈美お姉ちゃん(CV:古天条花寿乃)は弟思いの優しい姉。
姉弟は過去に両親を亡くして以来二人で生活してきたため、弟の面倒を見てきた保護者代わりのお姉ちゃんで、しっかり者の印象。
スーツ姿の姉の立ち絵といえば、ぱつんぱつんで自己主張の激しい身体つきが定番ですが、香奈美お姉ちゃんは良い意味で地味系。
良妻賢母型のお姉ちゃんを思わせる落ち着いたスーツ姿。
これはこれでいけない感情を抱いてしまうわけで、OLお姉ちゃんの魅力を再発見です。

Black CYCブランドなので、ぬるい気持ちで取り組むとショックは大きいと思いますが、主人公の弟クンは「絶対に、カナ姉は僕が守るから」と宣言しているのを見ると、基本的に弟が鬼畜化する話ではない様子。
いや、まあ実際どうかはプレイしてみないことには分からないわけですが。

本作は、『姉、ちゃんとしようよっ』番外編ノベルでおなじみの佐々宮ちるだ先生がシナリオに参加されています。
ちらっと書かれた情報では、弟はお姉ちゃん大好きなのにそれを言い出せない日々を送っている......とのことなので、姉ゲー度は高いようです。




『Mてぃーちゃー 彼女♂の悩み多き教育事情』(ALL-TiME)



『Mてぃーちゃー』応援バナー


amazon.co.jp


双子の関係にある秋山美鳥お姉ちゃんの弟・秋山美男は、巨額の借金をして失踪した姉に扮して名門学園の女教師として赴任することになった......というストーリー。

姉属性が異常に高まると、自分がお姉ちゃんになりたいという同化の欲求が芽生えることはあるもので、姉ゲー好きには単なる女装モノとはスタートの時点で一線を画す設定。

......とは言っても、肝心のお姉ちゃんと姉弟プレイよりも学園の生徒達や教師を相手にすることが中心的なようで、どこまでお姉ちゃんと仲良くできるのかは不明。
まず第一には女装教師視点で楽しむ学園モノと理解した上で。



『恋ではなく ―― It's not love, but so where near』(しゃんぐりらすまーと)

amazon.co.jp


卒業前に映画を撮ろうと動き出した主人公達とその仲間が、映画撮影を通して繰り広げられる青春群像劇。

幼なじみである男主人公と女主人公それぞれの視点を通して、二人が結ばれていく過程を描く作品で、複数ヒロインから一人ずつ攻略していくスタイルとは異なる模様。
なので、お姉ちゃんを狙う選択肢は用意されていないのですが、男主人公・女主人公とも姉弟関係が絡んでいます。

男主人公の八坂典史には、和服美人の梨枝お姉ちゃん(CV:小倉結衣)がいます。
こんな大和撫子お姉ちゃんを主人公に添えておいて攻略できないとか生殺し過ぎですってば。

一方、女主人公の槙島祐未ちゃん(CV:海原エレナ)は、弟持ちのお姉ちゃんなのに、数年前に弟を病気で亡くしたとの設定。

それぞれの主人公に姉、弟の影がちらつきますが、中心的なテーマではなさそうなので、準・姉ゲーということで。

トラックバックURL

このエントリーのトラックバックURL:
http://www.zenaneren.org/mt6/mt-tb.cgi/1378