2013年4月14日

今週のお姉ちゃんチェック

『うちの姉様 7』(野広実由)

amazon.co.jp


ついに最終巻ですか。
東大首席だけど天然マイペースの変わり者お姉ちゃん。
彼女に振り回される小学生の弟妹と周囲の人達を描いた4コマ第7巻。
『リコーダーとランドセル』に続くアニメ化......なんて期待していたんですけれども。
初掲載は2007年5月だそうで、足掛け6年の長期連載おつかれさまでした!

『雪影 -visual renewal ver.-』(SilverBullet)

amazon.co.jp

2006年に発売された(もうそんなに経った!?)『雪影』のビジュアルリニューアル版が発売!
天涯孤独となって親戚に引き取られた主人公は、冬休みの間だけ雪深い田舎町の実家に帰省する。
そこには、身に覚えのない「姉」を名乗る謎の女の子が暮らしていて......というストーリー。

一見すると地味で、あざとさも感じられないこの作品。
姉弟イチャラブでドタバタ、みたいな姉ゲーではありません。
しかし、姉目当てでプレイした姉ゲーマーには忘れがたい記憶を残す名作なのです。

本当に姉なのか分からない、素性すら知らない女の子をヒロインに据えておいて姉ゲーだとは信じられない話ですが、これは事実。
『雪影』が姉ゲーマーに支持されるのは、作品の中心テーマが何よりも姉弟関係に置かれていたからでしょう。

本作の当時のレビューは、全姉連会報第5号に掲載していますので、参考までに。



『ナイものねだりはもうお姉妹』(Aries)

amazon.co.jp

ナイものねだりはもうお姉妹 180px×180px

タマ姉だよね?(いきなり言っちった!)

それぞれ姉妹が住むお隣同士で繰り広げられる純愛系ラブコメ。
ストーリー紹介で主人公の境遇を読んだ時点で姉ゲーと認識!

姉2人と住む主人公の雨宮武蔵は長男であり姉2人にコキ使われるごく普通の男子。

その「ごく普通」になれなくて泣いている男子が大量にいるんですが、それはさておき、主人公をコキ使ってくださるお姉さま2人をチェック。
長女の雨宮七海お姉ちゃん(CV:一色ヒカル)。

ナイものねだりはもうお姉妹 180px×180px

雨宮家長女。 成績優秀で容姿端麗。 雨宮ヒエラルキー頂点。
武蔵のことをいつも見守り、毎日お弁当を作ってくれる。
武蔵が何を口にしその日何をしたか一発で見抜ける弟ソムリエ。
普段色々と押さえ込んでいる分、妄想力も高い。
自然体で武蔵と接し自由な性格の美咲のことを羨ましいと感じることもある。

長女お姉ちゃんキャラとして申し分ない!
完璧超人、世話焼きで家事も得意、弟思いで弟のことならすべてお見通し。
「弟ソムリエ」は伊達じゃない。
本当は弟のことが大好きだが、長女としてベタベタしたい気持ちを隠している、という設定もあり、ブラコン要素も完備。


次女のお姉ちゃんは雨宮美咲お姉ちゃん(CV:桃井穂美)。

ナイものねだりはもうお姉妹 180px×180px

雨宮家次女。雨宮家の参謀。
自分の興味の無いことには関心を示さないが好きなこと(ゲームとアニメ)には情熱を燃やす。
早起きは大の苦手だが学園で唯一の皆勤候補。
帆花を弟子とし日々間違った性教育を施している。
誰からも信頼され淡々と物事をこなす七海のことを尊敬している反面羨ましいと感じることも。

上のお姉ちゃんと対照的に、こちらは肩肘張らず付き合えるお気楽系。
「自宅ではズボラで無気力だが武蔵とは気が合うのでよく話してくる。たまに服を着ていないことも。」とあり、隙だらけのお姉ちゃん。
複数の姉が登場する場合、上の姉の方が威厳や権力の面で有利なら、下の姉の方の強みは弟と年が近くて友達意識が強いこと。

店頭のポスターなどを見るたび、いつも「タマ姉?」と思っていましたが、内容面でも立派に姉ゲーしているようですね。


『ポルノ作家麻由華と、淫熟未亡人と堅物編集者とウブ義姉』(CATTLEYA)

amazon.co.jp

新人編集者の主人公が『ポルノ作家麻由華と、淫熟未亡人と堅物編集者とウブ義姉』に囲まれるお話。
このジャンルきってのトップブランド・CATTLEYAさんの作品なので、ヒロインの熟れっぷりは半端ない。
我らのためのお姉ちゃんヒロインも、この作品の中では(おそらく)最年少。
だが、そのお姉ちゃん度は並の姉キャラをも凌駕する。
竹本真咲お姉ちゃん(CV:御苑生メイ)。

熟女のCATTLEYA最新作 ポルノ作家麻由華 2013年4月26日発売です

丈彦と同居している義姉(親同士が再婚)。 大学の研究室で研究漬けの生活を送り続けていたため、世間知らずで異性への免疫もほぼ無い。 生活全般にはやればできるしっかりものタイプだが、つい弟に甘えてしまう甘え上手な一面もある。

麻由華の小説のファンだったが、彼女の本性を知ってからは反目し、弟の身を案じてなんとか二人を引き離そうと苦心する。
その過程で自分でも意識していなかった弟への思慕を意識してしまうように。
十分グラマーだが、他のヒロインと比べると普乳・普尻の普通のスタイル。

「麻由華先生に何かされそうになったら、すぐにおねーちゃんをよぶんだよ?」

襲われそうになったら「おねえちゃぁぁぁんん!!」と叫ぶと、ガッシャーンと窓ガラスから飛び込んできて助けてくれるんですね。
しっかり者だけど甘え上手なお姉ちゃん、いいっすねぇ。
それに、「弟への思慕」という表現がいい。
CATTLEYAさんの作品だからこそ光る言い回し。
お姉ちゃんは一人でも他のヒロインはみんなさらに年上なので、他でありがちな"消化試合"の必要がないのもCATTLEYAさんのいいところです。


『恋せよ!! 妹番長』(Latte)
【↑タイプミスではありません。】

amazon.co.jp

幼い頃に生き別れた達【←タイプミスではありません。】。
十数年後に再会した彼女らは、番長【←タイプミスでは(略)】になっていた!?
というストーリー。

こういうガッチガチの妹モノでシャレの分かる感じの妹ゲーには、いい姉が潜んでいることが多い。
これ、10年近くお姉ちゃんチェックを続けてきて会得した姉ライフハック。

わんさか妹が登場する中、主人公とは双子の姉にあたるお姉ちゃんが登場。
武神にして暴君の、乃神焔晶(のがみ ほむら)お姉ちゃん(CV:榊るな)

Latte最新作『恋せよ!!妹番長』応援中!

主人公の双子の姉。 父親の血を濃く受け継いだ、生まれながらの暴君。 執念深く、疑り深い性格で、自分以外は信用していない。

姉は「暴君」と呼ばれるくらいがちょうどいいと思っている弟くん達には、この時点で大幅加点。
しかし、これはほんの序の口。
キャラクター紹介のモードを切り替えると、そこには隠されたブラコン姉が......!

一人称:お姉ちゃん
チャームポイント:溢れ出る弟への愛
極度のブラコンで、主人公へのスキンシップは日常茶飯事。
普段はお姉ちゃんお姉ちゃんしているが、夢は弟である主人公の膝枕で眠ることと甘えたがりやな一面も。

来たよ! これだよ、これ! 僕らが望んでいるのは!
暴君姉の険しい顔とは180度違う、ブラコン姉のだらしない顔がそこにあった。
ひたすら妹に構い構われる弟にヤキモチを焼き、妹ばかりのこの世界でただ一人の姉として孤軍奮闘する焔晶お姉ちゃんを全力で支持したい。
姉も妹もいける両刀遣いの男子ならぜひ押さえておきたい物件です。

『ひとつ飛ばし恋愛』(ASaProject)

amazon.co.jp

「妹の友達」や「幼なじみの幼なじみ」など、身内を一つ飛ばした関係のヒロインとの恋愛にテーマを置いた恋愛モノ。
もちろん全姉連で取り上げるからには当然います、「姉の友達」ヒロイン。
でも、「姉の友達」の紹介は省略。
三枝メグお姉ちゃん(CV:守田羽糸)。


ASa Project 『ひとつ飛ばし恋愛』 応援バナー企画

主人公の姉。 腹黒い性格で人をいじるのが大好きなドS。 いつもヘラヘラしていて、お調子者かつお茶目な女子。

このお姉ちゃんにいじられまくるだけで終わるルートとかありませんか?
ありませんか、そうですか......
サブヒロインとして出番は多いようですが、個別ルートはなさそう。
姉至上主義者には根本的に厳しいか?

トラックバックURL

このエントリーのトラックバックURL:
http://www.zenaneren.org/mt6/mt-tb.cgi/1540