2013年5月12日

今週のお姉ちゃんチェック

『姉ログ』田口ケンジ/週刊少年サンデー連載)

amazon.co.jp

日本姉大賞2012受賞『姉ログ』第1巻ついに今週5月17日発売。
「私はブラコンじゃないけど、弟がシスコンで困る」妄想に取り憑かれた可哀想なJK・近衛靄子姉さんの日常を描くショートコミック。
『姉ログ』第1話から第4話と第17話の試し読みはこちら。

姉が弟を過剰に甘やかしたりストーキングしたり......そんな形でブラコンを表現してきた姉業界において、こんな手法があったのか! と姉萌え系男子の目から鱗を落とした衝撃の作品です。
姉ヒロイン・モヤ姉が「弟がシスコンのヘンタイで困る」妄想を発動すればするほど、お姉ちゃんどんだけブラコンこじらせてるんだよ! とニヤニヤできるすごい姉漫画。
アイディア勝ちだけでなく、ちゃんとコメディとして成立しているので、姉萌えできて笑える作品になっているのもいいですね。

我々のような姉マニアだけでなく一般読者にも受けそうだし、売れてほしいなぁ。

なお、『姉ログ』×『DCD』単行本発売記念特別編が期間限定で現在公開中。

『DCD』第8巻も同日発売!

amazon.co.jp

圧倒的な力を持つラスボスのお出ましで盛り上がってきました!
こちらはコメディ要素も忘れ、息詰まる展開で目が離せません。
ネタバレ回避のために詳述は省きますが、DCDは第2章に入ってクロ君がより覚醒・成長していく姿が印象的。
強い姉の支えとなろうとする弟の姿を描くのは、やはり王道です。


ところで、発売記念キャンペーンに応募すると「田口ケンジ先生にキャラやポーズを自由に指定したサイン色紙を描いてもらう」権プレゼントが当たるとか。
そうだな~、もし当たったら、
「モヤ姉が心のリミッターを外して輝クンを思いっきり姉ハグ(*)しまくる......夢を見る姿」
をリクエストしようかな~。
(*)弟の顔が姉の胸に埋もれるようにして抱き締めてハグハグすること。



『ベニ・コンプレックス 2』(著・曽我部浩人/イラスト・双龍/講談社ラノベ文庫)

amazon.co.jp amazon.co.jp

第2巻出てるじゃないですかー! やだもー、見落としていました。(タレコミ多謝)

お姉様の名前は紅子、そして弟君の名前は慶次。二人はごく普通に見える姉弟。
でも、ただひとつ普通の姉と違っていたのは......お姉様は最強のブラコン猫又姉だったのです!

卒業するまでに弟が嫁を見つけられなかったら、お姉ちゃんと結婚よ!
ということになり、嫁探しをすることになった弟の前に現れたのは二人のワケあり美少女で......といったストーリー(第1巻)。
「お姉ちゃんがありながら嫁探しだとぉ!?」といきり立った弟諸君、落ち着け。慶次君はシスコンだ。
姉のことを誰よりも慕い、大事な身内として大切に想う立派なシスコンだ。
ただ、家族として愛しすぎるあまり、結婚は考えられないとのポリシーの持ち主なんだ。
「ベニさんはオレにとって、血の繋がった本物の姉よりも、本当の姉さんなんだ。いくら好きでも、どんなに愛していても、家族である姉さんとは結婚できない.........わかってくれ、ベニさん」
しかし、貴重な一族の末裔である慶次の血脈を絶やすこともできず、子孫繁栄は不可避。
果たして慶次は姉の御眼鏡に適う嫁を見つけることができるのか!?

この後、嫁候補のワケあり美少女2人が言い寄ってきて、姉を含めた三すくみ状態に。
もっとも、嫁を探して連れてこいと命じたのは姉自身なのに、弟に言い寄る悪い虫は焼き払おうとする大人げない小姑予備軍が強すぎる三すくみ。

これだけで十分姉ノベルとして成立しているんですが、中でも最終章以下は圧巻。
姉は弟のために一生その身を捧げようと決意するに至った過去の出来事が語られ、弟は無意識に封じていた姉に対する本心を思い出す姿がよく表れている、姉萌え感涙のシーンです。

昨年11月に発売され、続きが楽しみだったラノベの一つです。
今から読むなら絶対に1巻からですよ!
冬コミ発行の会報には記事を載せられなかったのに、会場で著者の曽我部先生がなんと全姉連のスペースに来てくださった時は本当に申し訳ないやらで。
次の新刊には必ずレビュー書きます。今、書いてます。



『お姉ちゃんはつじょ~チュッ!』(小説:上田ながの 挿絵:田中竕

amazon.co.jp


クールな生徒会長、朝倉春那。
彼女に憧れる弟・夏樹は姉に熱い愛情をぶつけるが、
軽くあしらわれてばかり。
だが、ひょんなことで"鬼巫女の呪い"を受けた春那は、
肉体が突発的に発情するようになってしまう。
彼女の呪いを解くため、夏樹は姉と...!?

お!
弟のアタック先行型じゃないですか。
クールなお姉ちゃんを振り向かせるタイプのストーリーでしょうかね。
大丈夫です、このジャンルにおける「お姉ちゃんにかけられた呪い」の解き方は経験上ほぼ会得しております!
弟からほとばしるお姉ちゃんへの愛と、それを実体化した何かですよね、きっと。

トラックバックURL

このエントリーのトラックバックURL:
http://www.zenaneren.org/mt6/mt-tb.cgi/1545