2005年12月 4日

『姉☆孕みっくす2』(Lilith)特設ページ公開

『姉☆孕みっくす2』(Lilith) 特設ページ公開

全国のお姉ちゃんファンと孕ませマニアに衝撃を与えたタイトル名の『姉☆孕みっくす』
あの姉孕ませADVの『2』の詳細が公式サイトで公開されています。

『2』と言っても、前作とは全く別の登場人物と設定ということは一目で分かります。
では、どんな内容なのかと見てみると

主人公は魔界の跡取り!?
姉が花嫁候補!?
突然権力を手に入れた暴走弟の禁断の5日間が始まる!
さらにボリューム増量してお贈りする新たな姉孕ませアドベンチャー☆
姉☆孕みっくす2!

分かったような分からないような。
しかし、冒頭のシーンを一部抜粋すると…

「んふ~♪ 聡司ちゃん、大っきくなった……」

「聡司ははるか姉に時間をかけすぎだっ」
「しょうがねぇだろあの人低血圧なんだから」
「なーにが『あの人』だ、ホントは『お姉ちゃーん』とか呼びたいくせに。甘えたいくせに」
「なっ……! そんなわけ、ねえだろっ……!」
「図星か! ムカつく! お前は昔からそうだ、弟は!」

「聡司は私の子分なんだから、私の言うことを聞けっ!  明日は私が先、はるか姉は後っ!」

予想以上の姉ゲーぶりに大満足であります。
姉は二人。
上の姉がおっとり系教師のはるか姉で、下の姉がいじめっ子姉系女子校生の沙希姉と思われます。
短い中にこれだけ姉成分が含まれていれば、かなり期待していいのでは?

お姉ちゃんズもさることながら、今作は弟クンが内心かなりのお姉ちゃんっ子な点にも要注目。お姉ちゃんラヴァーであることを悟られないようにしながらも、お姉ちゃんにドキドキしっぱなしな描写に期待が持てます。

そんな彼が「暴走弟」になってしまうとのストーリーのようですが、前作のように姉弟愛が薄い方向での暴走にならないことを祈るのみ。
前作が姉ゲーの名作とまでなり得なかったのは、ひとえに「姉弟愛の描写の薄さ」に他ならなかったワケで、今度はその点で改良されていれば良いのですが。
(宣伝:前作のレビューは、既に頒布済みの全姉連会報、及び冬コミで頒布予定の新刊に掲載予定です)

ダウンロード版は12月20日で1800円、パケ版は12月29日で2000円。
お値段そのままでお姉ちゃん数が2人となれば、確かにボリューム増量。
2006年の姉始めはこれかも?

トラックバックURL

このエントリーのトラックバックURL:
http://www.zenaneren.org/mt6/mt-tb.cgi/693