2006年4月16日

『人妻コスプレ喫茶2』ガチママでガチ完成度

『人妻コスプレ喫茶2』(アトリエかぐや) 体験版公開

4月の台風の目、『人妻コスプレ喫茶2』の体験版ダウンロードがスタート。
我ら年上派の希望・欲望を知り尽くしたプロ集団・アトリエかぐやらしく、全く隙のない出来栄えであります。

前作『人妻コスプレ喫茶』の雰囲気を保ちつつ、何と言っても最大のポイントである「メインヒロインが実母」という設定を軸に、今回も楽しい人妻らぶらぶライフが目の前に!

公開中の体験版は、プロローグ部分+サービスシーンの構成。
のっけから桜子ママ(CV:楠鈴音)の異常な可愛さが炸裂。
もう反則どころか違法。あり得ない。
脱衣所で服を脱いでいるところにばったり出くわしてしまうシチュエーションなんて、今まで数え切れないくらい見てきたのに、

桜子「……えぇ~、なんで逃げるのー?親子なのに。息子に見られたって、恥ずかしくも何ともないよ……よいしょっと」
恭介「い、いや……まあ、そうなんだけど」
桜子「ふふふっ、でも普通はそうか。母親の裸なんて、見たくないよね」
(落ち着け、俺……相手は母さんだ。自分のお母さん、ママン、かーちゃん……っ)

なぜだ、なぜこんなに新鮮なのかっ!

そうそう、桜子ママの素敵さを上手に引き出しているのは、主人公が良い塩梅のマザコンである点。
これ、基本ですが重要。

素敵なのは桜子ママだけじゃなく、姉属性には受けの良さそうな姐御肌・夏姫さん(CV:風音)も期待通りのお姉さん。
「ノリが良く、サバサバした」という姉の王道を一歩も踏み外さずに堂々の存在感。

クレアさん(CV:乃田あす実)も、外見・設定から受ける印象通りの困った奥さま。
反面、志乃さん(CV:金松由花)が外見とは裏腹の巻き込まれ系で、コミカルな要素を多く担っていそう。

体験版のストーリー部分では、「コスプレ喫茶を立ち上げて、売り上げ目標を達成するぞ、オー」なところまで。実に憎い。
発売までの待ち遠しい気分を体験版で発散しようと思ったら、返り討ちに遭うこと必至。
今楽しんでしまうかどうかは、自己責任で。

トラックバックURL

このエントリーのトラックバックURL:
http://www.zenaneren.org/mt6/mt-tb.cgi/761