2006年5月17日

今週のお姉ちゃんチェック

世の中全部が25日や月末が給料日じゃあるまいし、月の最終週にあんなに集中させなくても…と思う今日この頃。
私は毎月今頃が最も潤っている時期なのに。

で、今週は1本だけ。

ヒロインは全員姉!実姉もあり!
でも「学園姉凌辱AVG」なので、弟を選ぶ姉ゲー。
『理詠子~謀略の連鎖~』(West Vision)
WestVisionブランドのサイトが見つからないため、Getchu.comより)

弟溺愛系で、弟に対し過保護すぎるくらいだが、厳格な姉(実姉)の理詠子お姉様と主人公は二人姉弟。
そこへ、親の再婚によって降って湧いた義姉が3人登場。
理詠子お姉様は、弟に色目を使う邪魔な姉妹だと目の敵にして、最愛の弟を使い酷いことを…
といったストーリー。

今週は一本だけということもあって、体験版(とりあえず聖封さんdRabbit.netさんまるちいんさいどさんにリンク)をプレイした感想を。

最初に登場するのはもちろん理詠子お姉様なのですが……ゾクッとする怖さのお姉様。
これは…姉しよ1の要芽お姉様の序盤の雰囲気に近いお姉様だ…。

そして、新たなお姉ちゃんズ3姉妹が登場。
長女は優しく真面目なお姉さん系、次女は開放的遊び人お姉さん系、三女は可愛く控えめなお姉ちゃん系。
この中で一人挙げると、三女のお姉ちゃんである柚姉ちゃんは、同級生だが誕生日差だけの姉。
「末っ子の妹に弟ができた事によるお姉ちゃんデビュー」という、この世界では時々見られるシチュエーション。
新米お姉ちゃんの喜びや初々しさに好感が持てます。
「姉は年を重ねて姉にならず。弟を持って姉となる」の格言をよく表すお姉ちゃん。

他の義姉2人も、新しくできた弟にそれぞれの視線を注いでくれる一方、気になる実姉の理詠子お姉様が、本当に弟大好き溺愛系なのか、やや不安な印象。
姉が黒幕の凌辱モノだと、どうしても割を食ってしまうパターンが多いわけで、それを回避してくれていればいいのですが。

体験版では9割方が和やかな雰囲気。でも、製品版ではおそらく……なんでしょうなぁ。

試験的に姉コミック(主に黄色い楕円付き)のチェック。
とかくこの世界はハズレが多い(=姉コミックとみせかけて実は…)ことをくれぐれもお忘れ無く。

『アネアネみっくす』(秋月ひろずみ/メガストアコミックス)


あと、/Si/さん@地獄日記から通報を受けていた、
『やめて!お姉ちゃん 』(幸田朋弘/セラフィンコミックス)

こちらのブログによれば、表題の「やめて!お姉ちゃん」は、妹思いの姉モノ?

トラックバックURL

このエントリーのトラックバックURL:
http://www.zenaneren.org/mt6/mt-tb.cgi/777