2006年5月31日

今週のお姉ちゃんチェック

『叔母の寝室』(PUZZLEBOX)

フランス書院から刊行されている鏡龍樹先生の作品が原作。
若々しくて妖艶な、葉川鞠乃叔母さん(CV:深井春香)から誘惑されて…がメインの様子。
シナリオ担当のこごめさくら氏のコメントによれば、

さて、本作「叔母の寝室」は、ジャンル分けするなら、
年上ものということになるのかもしれませんが、
自分としては、『叔母もの』というジャンルを
確立するくらいの意気込みで書いた一作です。

姉ではなく、ママでもなく、叔母にこだわる意気込み。
確かに「叔母萌え」は今までほとんど手つかずの領域でした。
感覚としては、姉以上ママ未満的な位置?
いや、そんな単純なものではないと思いますが。

叔母ものを中心に据えながらも、実はしっかり従姉のお姉さんが登場しているので、姉派の貴弟も安心。
そのお姉さんこそ、葉川玲那お姉さん(CV:金田まひる)

主人公を「健ちゃん」と呼び、実の弟のように
感じていた
が、ある日、主人公と鞠乃との痴態を
目撃したことにより、心の中にある感情が芽生え
はじめる・・・。

いやいやいや、従姉であっても「実の弟のように」思っていただけるだけで、小弟は恐悦至極に存じます。
実姉どころか従姉さえ与えられなかった身の上を嘆く日々を送る総裁にとっては。

トラックバックURL

このエントリーのトラックバックURL:
http://www.zenaneren.org/mt6/mt-tb.cgi/785