2006年10月 9日

姉コミック『いいなり!あいぶれーしょん』(中嶋ちずな/ドラゴンエイジ連載)

ドラゴンエイジ連載『いいなり!あいぶれーしょん』(中嶋ちずな)が凄いヨ!って話は耳にしたことはあれども,あまり気に留めなかったんですが,姉が登場するなら話は別

まんが王さんの,ツボを突いた上手い紹介と煽りで,もう読まざるを得ない状況だと認識したのはつい昨日のこと。

主人公の実姉・薫子姉さん。

謎の巨人がそびえる里見市。高1少年・香旗は実の姉となし崩しのデートで話題のメイドロボ展に訪れる。
(中略)
ネコミミによってのお淑やかモードと発情モードの切り分けで誘惑される香旗。そして嫉妬で対抗感バリバリの姉

それはカタカナ4文字で簡潔に答えると「ブラコン」と言わないか!?
たとえ話の中心が,パンツから伸びる糸とお漏らしとネコミミな女の子であろうとも,弟と楽しそうにデートをするような姉が登場するのなら,それは姉コミックに分類されるのです。

てことで,単行本化される前にチェックしておきたくなった姉コミック。
『ドラゴンエイジ』といえば,“ドキドキ姉コミック”な『ツバメしんどろ~む』を抱える月刊誌。
ついでに言うと,同誌で連載の『仮面のメイドガイ』の,なえかお嬢様(17歳・B88超)も弟を持つお姉さんであります。ただ,姉萌え要素はほとんど無いのがもったいない。

こうしてみると,もはや姉コミック誌として毎月追いかけねばならない雑誌なのかドラゴンエイジ。

(ハチさん,タレコミ多謝です)

トラックバックURL

このエントリーのトラックバックURL:
http://www.zenaneren.org/mt6/mt-tb.cgi/839