2007年3月 7日

2002年~2007年の妹ゲー&姉ゲー&母ゲー対比(睦月堂工房さん)

タイトルから比較する2002年~2007年の妹ゲー&姉ゲー&母ゲー対比。(睦月堂工房さん・2006年3月6日付)

ご存じの方には恒例の、タイトル名から妹/姉/母ゲーの本数をカウントする睦月堂工房さんの企画。
その2006年版(及び2007年の一部)が発表されています。

あくまで「タイトル名」のみのカウントなので(睦月堂工房さんの記述にもその点の分析がありますが)、これだけで一概に多い少ないは言えないことは前提にしても、依然として姉ゲーは安定上位
2005年のあの大ブームの反動を恐れていたものの、結果的には上々。

ちょっと嬉しかったので、結果の数値を利用して、勝手ながらグラフを作成してみた。

グラフ


あ、明らかに第三勢力が………!
いや、もう肌で感じ取っていたことなんですけど。
これが数だけじゃなく、質を伴っていることも分かっているから、なお恐ろしい。
もはや「妹」「姉」「母」という近親3大ジャンルは、互いに肩を並べたと言っても過言では…。

トラックバックURL

このエントリーのトラックバックURL:
http://www.zenaneren.org/mt6/mt-tb.cgi/899