2007年4月 4日

今週のお姉ちゃんチェック

今週は、、、、、、何かありますか?

新番組のアニメが色々と始まるぐらいで、特にこれといったおねえちゃん作品は見あたりませんでした。

そうそう、ピエールノトーシローノートさんが恒例のアニメ新番組 姉度予想をしてくれています。
全姉連のチェックは総裁の気まぐれ要素が大きいため、ピエールさんのような細かいチェックを併用することを強く推奨します。


これだけではナンなので、先週から思い浮かんだことを。

我々の大好きなおねえちゃん作品におけるおねえちゃんは、そのほとんどが弟を愛してやまないブラコンなわけですが、何かのきっかけで

「このままいつまでも構っていちゃだめ!」
「甘やかしてばかりじゃ、この子のためにならない!」

と、弟を想う気持ちを無理に押さえつけながらも葛藤する、いわゆる“弟離れエピソード”が存在します。
大抵それは失敗に終わって元の鞘に収まるのがお約束なのも、あまたの姉遍歴を持つ貴弟ならご承知の通り。

そんな王道が先週立て続けにありました。

まずは、まんがタイムきららCarat5月号の『アットホーム・ロマンス』(風華チルヲ)
「私が竜ちゃんを甘やかしているから、私が竜ちゃんをだめにしちゃう」との考えに至り、ベッドで、お風呂で、弟禁断症状に悶絶する暁子ねえちゃんが見どころ。
日頃はうんざりするほどベタベタされている弟・竜太郎クンも調子が狂ってしまい、「追えば逃げて逃げれば追う理論」により、暁子ねえちゃんに懐いていく始末。
最近、弟に構い過ぎてうっとうしがられているそこのおねえさん!
今月の話はマンネリ気味な姉弟ライフ脱出のヒントになりますよ!

『アットホーム・ロマンス』はそろそろ連載1周年を迎え、話数的に単行本一冊まとまる頃。
第1話から通して一冊の本として形に残したい姉4コマなのです。
発行されるか否かは、ひとえにキャラットのアンケートの結果次第と聞き及んでいるので(キャラットは葉書1枚の重みが他の雑誌と全然違うとか)、全姉連有志の力を見せつけて、一丁実現させてみませんか?
本買って葉書出すだけの、弟の根運動!




『ツバメしんどろ~む (6)』(茜虎徹/カドカワコミックス ドラゴンJr.)


(ここで甘い顔をしたら駄目です!今日の私は厳しい姉なんですからっっ!!)

と心の中で葛藤するツバメねえさんが可愛い第6巻でした。
この回は「ドキドキ姉コミック」全開。
他はSF面でのストーリー展開が主で、おねえさん要素はほとんど見られなかったのは残念。
(と勝手に思われても作者は心外でしょうが)
全体的に話を収束させようとしている向きが見られるので、あと1~2巻で終わってしまいそう。


こんなおねえちゃん作品を読み続けていた頃、偶然に現実の方で「弟の事を思うがために厳しくなるお姉さん」の事を直接見聞きし、思わずホロッときました。
リアル姉持ちの勝ち組の弟クン、おねえさんはきっと弟の幸せを願っているはずだから、その願いを裏切らないようにするとともに、厳しいことを言われても愛のムチと思って受け容れるように!
叱ってくれる姉さえ居ない不憫な負け組を代表して、ここに強く言っておく!

トラックバックURL

このエントリーのトラックバックURL:
http://www.zenaneren.org/mt6/mt-tb.cgi/909