2008年1月30日

今週のお姉ちゃんチェック

今週のお姉ちゃんチェック…って、既に発売されているものばかりです。

1/7スケールPVCフィギュア『ToHeart2 向坂環』(和風堂玩具店=エンターブレイン)

amazon.co.jp


今年に入ってから4月までにタマ姉フィギュアが3体登場するようで、こちらがまず1体目。
先日、実物見てきました。
けしからん度は控えめ。
悪いって意味じゃなく、飾っていて和む意味では良い方かと。
脱ぎ脱ぎしてもらうことも可能で、脱いでも中身は可愛らしく大人しめでした。

amazon.co.jp


…いや、そんなことない。
下着姿でバスケットボールのミスマッチが何ともはぁはぁモノというか。


<関連リンク>

フィギュアではなく、中身の生身の人の伊藤静さまインタビュー記事(とれたて!ほびーちゃんねる「声優警察」)

きみあるアニメの森羅様役を演じて、との趣旨の記事。
上から見下ろしてくれる写真もしっかりあります。Nice shot.



『アットホーム・ロマンス』(風華チルヲまんがタイムきららキャラット連載)


amazon.co.jp


お気づきの方もいらっしゃると思いますが、冬コミ前後からチルヲ先生としょっちゅう会う機会があり、今やウチの部屋が東京の別宅的になっていて、下手すると合い鍵まで要求されかねません。

…怖い冗談はさておき、話をするときは大抵酔っているかグロッキーな状態。
心にゆるみができるのか、シスコン・マザコン以外の趣味・性癖をいくつも披露しては「誰も俺の事なんて分かってくれない…」と酒をあおる始末。

「一万年と二千年前は人類は裸だったんだ。歴史は繰り返すと言うだろう?だから、生まれたままの姿に戻るんだ。自然が一番」

と、さも論理的に正しい説かのように説くんです。要は「全裸が好き」の5文字で済む主張を。
ウソだと思ったら、コミケ後の全姉連の飲み会に来て下さい。きっと夏もまた同じ事を言ってくれます。私はもう3回は聞きました。

そんな全裸スキー漫画家による『アットホーム・ロマンス』最新話は、暁子姉ちゃん全裸祭り。
姉家出編が展開中の本作、クラスメイト宅に身を寄せる暁子姉ちゃんが、居候先のツンデレ系弟と急接近!?

えーと、こんだけ脱がせまくっていたら、担当さんに「裸描きすぎ!やり直し!」と叱られるってもんです。
でも、きららキャラットで全裸お姉ちゃん漫画が読めるのはチルヲ先生だけ!
今月はアンケート葉書に「チルヲ先生にもっと裸を描かせてあげてください。病気の息子が楽しみにしているんです」と書こうと思います。さあ、貴弟も。

トラックバックURL

このエントリーのトラックバックURL:
http://www.zenaneren.org/mt6/mt-tb.cgi/1036