2008年2月 3日

『Radio School Days』第31回のスーパー弟タイム

Radio School Days 第31回のスーパー弟タイムは、やや不発気味の発動でした。

この回は伊藤誠役の平川大輔さんがゲストということで、彼にちなんだ投稿から。

16分前後より。

(伊藤誠役である平川大輔さんがゲストに来たこの機会に、彼(平川さん)の「優柔不断でスケベでシスコンで金に汚い」というイメージを払拭してはどうでしょうか、というメールに対し…)

河原木:シスコンじゃないんだよね?
平川:シスコンじゃないね。
岡嶋:違うんだ。
河原木:お姉ちゃんいるのに、お姉ちゃんを大事にしない、ダメな弟なの。
岡嶋:うわぁ……
平川:何それ?大事にしないって言い方はないんじゃない?
岡嶋:え、じゃあ何?
平川:ちゃんと大人として対応してますよ。
河原木:ちょっとねぇ…弟の役割を分かってない!
岡嶋:うん、そうだね。
平川:何?弟の役割って?
河原木:弟たるもの、お姉ちゃんを持ち上げ、「いいね、いいね」と…
平川:お姉ちゃんを持ち上げ……投げ捨てるの?
河原木:違うよ!時には投げ捨てるけど…
岡嶋:時には肉布団になり…
河原木:そうそう。
岡嶋:時にはこう、一緒に駅に行ってあげたり…
河原木:あーーっ!時間が来たー!「コーナー締めて」?あ~あ、誠のイメージアップできなかった。


平川さんのダメ弟っぷりは、河原木さんが一人の姉としてきっちり叱ってくれているので、全姉連としては不問に付します。
それより今週の聞き所は、岡嶋さんの洗脳が進んでいるところではないかと!
ほぼ毎週のようにスーパー弟タイムを生で聞かされ続け、時には休憩中やプライベートで弟の可愛さも説かれたこともあったであろう岡嶋さんが、すっかり姉弟道を会得されている模様。
その観点から、もう一度今日のスーパー弟タイムを振り返ってもらえれば、もはや完全に河原木派に取り込まれ、平川さんに対し「この弟、全っ然自分の立場をわきまえていないわ…。いい?弟というのはね、…」と今にも説教し始めそうな様子が目に浮かぶ。
岡嶋さんから「私も弟欲しい…」発言が登場するのも時間の問題かも知れません。

トラックバックURL

このエントリーのトラックバックURL:
http://www.zenaneren.org/mt6/mt-tb.cgi/1038