2009年2月24日

今週のお姉ちゃんチェック

『アットホーム・ロマンス』風華チルヲまんがタイムきららキャラット連載)


アットホーム・ロマンス」ドラマCD化応援ネット署名プロジェクトにたくさんの賛同のご署名ありがとうございます。
もう間もなく締め切ります。
頂いた書き込みは、全てしかるべき所へ送りますので、あとはその方面の努力に期待するのみです。
毎月28日発売・きららキャラット本誌のアンケートも重要な要素ですので、購読中の竜ちゃんはおっくうがらずに葉書を出すように。

今月(巻中カラー!)のストーリーは…

進退窮まった暁子姉ちゃんは、家を出た張本人であるママのもとに相談に訪れる。 ママは竜太朗に「姉」ではなく「女」として惹かれてしまった暁子姉ちゃんのことを見抜いていた。 そんな暁子姉ちゃんに家を出た真意を語るママ。

時を同じくしてシスコンもマザコンも限界値に達し、
もはやどんなプレイも受け付けない身体になってしまった竜太朗。
自分の中のマザコン観をもう一度見つめなおし
スーパーマザコン人となる覚悟を決める。

竜太朗はスーパーマザコン人になれるのか?
暁子姉ちゃんは「姉」を選ぶのか「女」を選ぶのか?


また新たな造語を……スーパーマザコン人て!
竜ちゃんそろそろ病院に行った方が。


『さらさらささら』(アトリエかぐや・Berkshire Yorkshire)


さらさらささら応援バナー

amazon.co.jp


みんな大好きアトリエかぐやB.Y.の新作。
村の再開発権を手に入れるため、そして神社のご神体を救うため、個性的な巫女さん達と大妖怪の神様に囲まれた主人公の物語。
メインヒロインが「元気ハツラツ、その言葉がピッタリとくる元気印の巫女のお姉さん」という天戸沙織お姉さん(CV:榎津まお)。
主人公と姉弟関係ではありませんが、わざわざ「お姉さん」と表現しているあたり、そういう性格なんだろうと期待。体験版では面倒見の良い性格を発揮していましたね。
白妙亜弥姉さん(CV:遠野そよぎ)は生まれつき心臓の悪い病弱さん。単体では姉っぽさは出ないものの、妹のまひるちゃんが姉思いで過保護なシスコンなので、その関係でお姉ちゃん味が出ます。
各務月巳お姉さん(CV:岩田由貴)は蛇の大妖怪で、齢数千年を重ねる土地神さま。
「態度はデカいし人の言うことはきかない困ったお姉様」とのことで、もてあそばれるのことに生き甲斐を感じる弟諸氏ならばイイ感じでおそばにいられそうな。

総じて、今作も安定して手を出せる鉄板の出来ではないかと。
体験版ダウンロードもありました。


『みここ!』(しとろんソフト)

みここ!応援バナー

amazon.co.jp


敬虔な巫女信者の皆さまおめでとうございます。巫女モノが続きます。
縁結びの神様が住まうとされる土地で、主人公は次代の「巫女神」を選び、パートナーとして添い遂げることになってしまう…と、気楽なストーリー。
幼なじみ・姉・妹・ツンデレの構成も分かりやすい。
そのお姉ちゃんは、白神暖音(あいね)お姉ちゃん(CV:都笠笑美)。

白神神社の巫女さんであり、主人公の先輩であり、お姉ちゃん的な存在。 強気で押しが強く、世話好きの姉系先輩な為、周りからの人望は厚い。 セクハラっぽい発言で主人公をからかうこともある。 妹の陽菜乃には優しい姉だが、あのおっぱいは許せんと思っている。。

強気、世話好き、からかい系。総裁にとって美味しいところを寄せ集められています。
たとえ先輩に過ぎないとしても、姉と慕って良いレベルか?
サンプルボイス3番では、一人称が「お姉ちゃん」になっているのも期待できるポイント。
スタイル面では妹に負けているところがコンプレックスの様子。




『Like a Butler』(AXL)


AXL新作第5弾「Like a Butler」2009年2月27日発売予定!


amazon.co.jp


「女子学生は執事同伴」の校則がある超セレブ学園に入学してしまった、一庶民のヒロイン・弓野奏お姉ちゃんのシンデレラストーリー?

和樹と幼なじみの女の子で、実家は和樹が住むアパートの大家さん。
弟たちや近所の人たちから慕われ頼りになるお姉さんを自負しているが、
和樹からは妹としか思われていない模様。

2行目まで読んだところで「来た!」と思ったのに、次の行で撃沈。
その弟たちは出ないんですか?




コミック版『えむえむっ!』(松野 秋鳴 著/ 氷樹 一世 イラスト/MFコミックス アライブシリーズ)


amazon.co.jp


相変わらず世間では(いや、この全姉連内でも?)M気質が何か恥ずかしい性格のように受け取られていて嘆かわしいのですが、『えむえむっ!』はそんな風潮を打ち破って……くれるとは思っていません、だって太郎ちゃん本当に変態だし。
太郎ちゃんはともかく、ブラコン重症患者の静香お姉ちゃんと、その恋敵であり親バカの智子ママだけ見ていても楽しい『えむえむっ!』のコミカライズ第1巻。
ポテンシャルはすごいのに出番が少ないもどかしさは如何ともしがたく、いっそ番外編的に「静香×太郎」だけで1冊出てくれないかしら?
(関係ないけど「静香×太郎」ってトコで一瞬政治家BLを連想した)

トラックバックURL

このエントリーのトラックバックURL:
http://www.zenaneren.org/mt6/mt-tb.cgi/1156