2010年1月19日

今週のお姉ちゃんチェック

一月・二月は姉ゲーが多かったはずだよな...と思っていたら、実は色々と延期されていて、良い方向にとらえれば、分散してくれてありがたかったり。


空いた期間は将来への情報収集ってことで、お姉ちゃん達が追加更新されている
『もっと姉、ちゃんとしようよっ!』(CandySoft)
のチェック。

CandySoft


四女・鈴音(すずね)お姉ちゃん

一条家四女。元気いっぱいのパワフルガール。 なのだが意外と病弱で学校を休むことが多い。 サービス精神旺盛で、受けると思ったらとりあえず行動にうつす。 笑いをとるために身体を張ることもいとわないため、 男子生徒からは「せっかく可愛いのに、いろいろ残念」 という評価を頂戴している。 ゆえに恋人ができる気配は一切ない。

一見ただのバカだが、勉強はそこそこでき
家事も一通りこなせる、と実は高スペック所持者。
しかし、前述の性格のせいであまり考えずに行動するため失敗が多い。
そのくせ気が弱く、否定的なことを言われたり
失敗を責められたりするとすぐへこむため、扱いが難しい。

年頃の女の子らしく、大好きな炭水化物を制限したり
夜にジョギングしたりと体型の維持に余念が無い。

いいねぇ、こういうムードメーカー的な元気お姉ちゃん、大好き。
仲良く遊んでくれそうな、友達みたいなお姉ちゃんもまた憧れの姉像なのです。
主人公は彼女のことを「鈴音」と呼ぶようで、気さくな関係を表しているんじゃないかと。
上3人の姉の次はツンデレ型が来るかなと想像していたのですが、こういう弾ける笑顔を見せてくれるお姉ちゃん、そして次の五女のお姉ちゃんへ繋がる構成を見て、どんな雰囲気の家庭にしようとしているのか、少し掴めた気がします。


で、その五女の澪緒(みお)お姉ちゃん

一条家五女。かなりの甘えん坊で、特に走馬にはべったり。 傍から見ればまるで兄と妹だが、 澪緒の方が数ヶ月早く生まれているため、 自分のほうがお姉ちゃんであるとたびたび主張する。 しかし、妹のように甘やかされるとかなり喜ぶ。 なぜか常にぬいぐるみを抱いており、 そのせいでちょっとだけ周囲に距離を置かれてしまう。

そして、頭の回転がかなり遅く、
言いたいことをなかなか言葉にできないことが
とっつきくにさに拍車をかけてしまっている。
だが、本人は会話が大好きでかなり人懐っこい性格をしており
感情の起伏も大きく、表情豊か。
理解さえしてもらえれば、万人に愛されるだろう女の子。

直感で生きている節があるので、非常に勘がよく
家族の微妙な変化に一番早く気づいたりする。

来ました、妹型お姉ちゃん!
「属性的には姉好きだけど、外見的にはちっちゃい女の子がいい」というアンバランスな趣味の弟クンや、「見た目には年下でも、そんな子からお姉ちゃんっぽく振る舞われるギャップがたまらん」弟クンには最優先お姉ちゃん。
かく言う総裁も、澪緒ちゃんは要注意人物なのです。
妹キャラと見間違うような小さい彼女に、「やっぱり姉には敵わねえぇぇ!」みたいなイベントやストーリーが用意されていたりすると、油断した分の反動が大きいから。


さらに、一条家のお隣の家族・明日原家の長女お姉ちゃんも紹介されました。
ミサお姉様

一条家のお隣に住む明日原家の長女。 日本人の父とフランス人の母を持つ。 女王様気質で、走馬や弟の千鳥には「お姉様」と呼ばせている。

大手の不動産開発会社に勤めており、
仕事が忙しいのかあまり家にいない。
そのため、学生である走馬との接点はあまり多くないのだが、
趣味である庭の手入れに付き合わせたり、
有無を言わさず外に連れ出したりと、
強引に会話する時間を作っているので疎遠にはなっていない。

楓子とは幼い頃からの付き合いではあるが、
波長が合わないのかいつも喧嘩ばかり。
しかし、たまに一緒に食事をしたりお酒を飲んだりしているらしく、
仲がいいのか悪いのかよくわからない。

「お姉様」の呼び名に相応しいお姉様が登場しました。
まずキャラクターデザインがすごい。
見て1秒以内におおよその性格は想像できる説得的なお姿。
そして、その想像を裏切らないキャラクター設定。
"女王様気質で、走馬や弟の千鳥には「お姉様」と呼ばせている"
この一文だけでもゾクッと来ます。ええ、Mっ弟(こ)ですとも。
見逃せないのは、お隣姉妹にも弟がいることですね。
この設定は他ではあまり見かけないパターン。
どうストーリーに絡んでくるのか、興味深いところ。


冬コミの企業スペースで発売された設定資料集も参考にしていますが、お隣さんにはあと二人の姉がいるようですね。
学園に登場するキャラクターもまだまだ隠されている様子。
先輩派は今後要注目です。


なお、CandySoftお正月特別プレゼント企画の応募は2010年1月25日(月)9時までだそうです。


『はぴとら 外伝 アイナの新婚日記』(ブルームハンドル)


amazon.co.jp


2009年9月に発売された『はぴとら -HappyTransportation-』の外伝が発売。

「年上お姉さんとの甘すぎ~る新婚生活!?」のアオリ文が挑発的です。
そのケンカ、買おうじゃないか!
サブキャラ止まりだった三十路寸前のアイナ姉さんとの幸せな新婚生活を送りたい貴弟には待ちこがれた一本。



『三姉妹と調教対決!  勝ったら弟にしてあげる』(あすなゆう著・イラスト 或十せねかフランス書院美少女文庫

amazon.co.jp


"三姉妹と調教対決!  勝ったら弟にしてあげる"

これは勝たざるを得ない!
今、総裁に湧き上がる、勝利へのあくなき渇望。
勝負はなに? お姉ちゃん甘えん坊選手権か?
ん、調教対決?
姉には従順な弟くんになる自信がある総裁だバッチコーイ!

あ、ああ......お姉ちゃん達「」調教するんですか。
惜しくも小弟とは派閥違いのジャンル。

「この屋敷で暮らしたければ、私たちと調教対決しなさい!」

姉属性人口のうち、推定約3割のS派な弟様方、お呼びです!


ジャンプの『あねどきっ』が! 『あねどきっ』が......!
こんな早く終わらせていい漫画じゃないのに。
姉属性の身を引いて、客観的に見ても悪い漫画ではないと思っていただけに、あまりに無念。

トラックバックURL

このエントリーのトラックバックURL:
http://www.zenaneren.org/mt6/mt-tb.cgi/1250