2011年3月20日

今週のお姉ちゃんチェック

『スイートプリキュア』第6話は後世に残したい姉アニメ百選に選ばれました。

やんちゃでいたずらっ子の弟と、それに手を焼いて怒ってばかりのお姉ちゃん(奏)。
ささいなすれ違いで姉弟ゲンカに発展。
そこに付けいるセイレーン。
弟を人質に取られ、お姉ちゃんパンチで戦うが、力が出ない。
「力が出ないのに、かなうわけないでしょ」
あざ笑うセイレーン。

そこで放たれたお姉ちゃんの叫び!

スイートプリキュア 第6話

「わたしお姉ちゃんだから... 力が出ないくらいで...大切な弟を見すてるわけには行かないのよ!」

カ、カッコ良すぎ.........!
弟を守ろうとする姉の愛に、テレビの前の子どもも大人も大興奮。

お姉ちゃんはいつも怒ってばかりで、僕のことが嫌いなんだ、とお姉ちゃんを拒絶する弟に、
「そんなことないよ きらってなんかいないよ! どうでもよかったらおこったりしない! 大切だからおこるんだよ!」
お姉ちゃんと一緒にテレビを見ているであろう全国の弟くん達に、このメッセージはしっかりと届いたでしょうか。

ラストは南野姉弟の絆をお姉ちゃんひざまくらで確かめ合い、オチもついて幕。
こんな素晴らしい姉話を、平時に流すことを許さなかった震災が憎々しい。
後日のDVDや再放送でフォローできる機会は必ずあります。
復興が叶い、その日が一日も早く来ることを祈ります。



『あねもね☆ろわいやる 3』(作・本田透/イラスト・相音うしお集英社スーパーダッシュ文庫

amazon.co.jp


すっかり〈人魂交換之術〉の状況にも慣れてしまい、一段と頼りなさが増してしまった美千緒。そんな情けない態度に業を煮やしたウテナは、過激な誘惑で弟の男らしさを取り戻そうとする。さらに、あの少女が帰国したり、新たな姉も参戦したりしてきて、ますます美千緒の取り巻く環境はもつれにもつれていく――。より刺激的に、より姉度を上げてお送りする最強の姉小説・第三弾!!


今、もっとも過激な姉ノベル『あねもね☆ろわいやる』の最新第3巻。
誤解を恐れずに言えば、まさか3巻も発行されるとは最初の頃は思っていなかったのです。
なぜなら、我々のような濃い姉マニアが大はしゃぎするような作品であればあるこそ、世間的には一歩及ばず、「隠れた名作」の名の下に埋もれてしまう例があるから。
しかし、『あねもね☆ろわいやる』にそんな心配は無用だった!
本田先生の熱い姉魂(シスコン)によって、渾身の力で書き下ろされた姉ノベルは、黙っていても姉属性の読者を引き寄せるのです。

見よ、この本文サンプルを!

ウテナが目を細めながら、美千緒の頭を挟んだふとももを「ぎゅううう」と左右から締めてきた。
「痛い痛い。お姉ちゃん、頭蓋骨が割れる!」
「これは条件付けの修行よ。あんたのエロ視線を私の下半身へと移動させるために必要な特訓なの。スカートの中に頭を入れなさい」
「え、ええっ? そ、そんな......いやらしすぎるよお姉ちゃん。ここは学校で、もうすぐ始業式が......」
「今日から毎朝三十分、私のスカートの中に顔を埋めなさい。女の子の魅力はおっぱいだけじゃないという真実を悟ってあんたが男として覚醒するまでね」


え...? 大丈夫なの? これ、本当に集英社スーパーダッシュ文庫で出して大丈夫なの!?
『あねもね☆ろわいやる』、ついに下半身フェーズに移行。
お姉ちゃんスカート潜りとか、視覚・触覚・嗅覚総動員で想像しちゃうんですけど!

姉とバトルとおっぱいと下半身で突っ走る姉ノベル。
発売は3月25日頃です。



『百合×薔薇 彼女の為の剣と、彼の為の乙女の園』(作・伊藤ヒロ/イラスト・高見明男/集英社スーパーダッシュ文庫


amazon.co.jp


今月のスーパーダッシュ文庫は姉ノベル1冊だけでは終わらない!
新刊情報の『あねもね☆ろわいやる』の直後に、「この商品を買った人はこんな商品も買っています」的な誘導で巧みに姉属性を呼び込まれました。

「この女学院は、僕がしきります。......僕の事は、お姉様と呼ぶように」 花邑べにお。 後に関東全域の少女から『お姉様』と呼ばれる男子の物語が、今はじまる!

『花使い』と呼ばれる特殊な能力をもつ少女たちの為の女学院に、
実の姉・しらゆきによって転入させられた少年・花邑べにお。
転入の挨拶で「この女学院を支配る」と宣言させられたことにより、
できたばかりの友達とも不本意ながら争うことになってしまう。
べにおの使う《花》の力は圧倒的だったが、そこにはある"いんちき"が隠されていて?
後に"姫百合姫"の名で関東全域の少女たちから『お姉様』と呼ばれる男子の物語がいま始まる!

ジャンルとしてはオトコの娘、でしょうか。
男子一人で女学院に潜入してお姉さまと慕われるシンデレラボーイと言えば、偉大なる先駆け『処女はお姉さまに恋してる』であり、日本姉大賞でも支持層のあるところ。
あらすじを読んだ限りでは結構近い設定に思えるので、このジャンルが好みならばもう決定でしょうが、そうでなくても「実の姉・しらゆきによって転入させられた」で皆さま反応したはず。
はい、お姉ちゃんの存在を確認しました。

最後に姉が左手で僕の髪を整え、ちょいちょいと飾りのヘアピンをつけて出来上がり。
「あのさ......やっぱりやめようよ? こんなの絶対恥ずかしいってば」
「どうして? 恥ずかしい事なんて一つもないわ。ほら、鏡をご覧なさい。制服、とても似合っていてよ」

お姉ちゃんに女装させられちゃう弟。
王道シチュエーション、来ました。
姉持ちの弟なら十中八九は経ているという通過儀礼ですね。
挿絵のサンプルからすると、表紙絵のバックに控えているのがお姉ちゃん?
期待がさらに1ランク高まりました。

全姉連は姉ノベルに積極的なスーパーダッシュ文庫を応援しています。



個別に記事としては取り上げていませんが、『ヘタレ姉。』が毎日更新されています。
ファンの諸弟方は言われずともチェックされていると思いますが。

http://www.pixiv.net/member_illust.php?mode=medium&illust_id=17462972


本当にありがとうございますとしか言いようがありません。
それにしても、毎回刺激が強すぎます。

トラックバックURL

このエントリーのトラックバックURL:
http://www.zenaneren.org/mt6/mt-tb.cgi/1358