2011年3月27日

今週のお姉ちゃんチェック

すでにタレコミも頂いていて、つつみあかり先生ファンなら先刻承知でしょうが、ご本人のホームページで千冬姉(IS インフィニット・ストラトス)のイラストとともに新刊の告知がなされています!
1月期の新番組は結果的にISが姉アニメとしての話題をかっさらい、世間がシャルだラウラだと騒ぎ立てるのを横目に、
「は? 9話(水着回)で一夏が唯一顔を赤らめたのは誰の水着姿だと思ってんの?」
と思っていた千冬姉スキーの同志の皆さま、大御所が立ち上がって下さいました。
なんと夏まで待つ必要がない模様。
やはり神は存在した。


BD第1巻は今週3月30日発売。
ジャケットイラストは箒。

amazon.co.jp

第2巻はセシリア。
このペースで全6巻ということは、第6巻のジャケットは当然千冬姉ということでOK?


『ひよぴよえにっき 2』琴久花央まんがタイムきららキャラット連載(完結))


amazon.co.jp


先週のチェック漏れ。
日本姉大賞2010」4位ランクインのお姉ちゃん作品を逃すとは何たる失態。
妹を可愛がる頑張り屋の小学6年生・ちあきお姉ちゃんと、お姉ちゃん大好きなはるちゃんの仲良し姉妹を綴ったキャラットの姉漫画。
表紙から見て取れる柔らかなタッチの絵柄の割に、主人公・ちあきお姉ちゃんの姉の自覚と熱意にはただならぬものがあって、ただのゆるほわ系4コマと思って読むと意外感があります。
まだ幼い妹のはるちゃんの成長を見守るだけでなく、失敗したり悩んだりしながら姉として成長していくちあきお姉ちゃんの姿も描かれた良作です。
2011年3月号のキャラットで惜しまれつつ連載終了。
もう結婚しちゃいなよ! みたいな仲良し最終回でした。



『12+(トゥエルブプラス) 』(アニゼッタ)


amazon.co.jp


主人公はある国の王。
円卓の女騎士達と国王を結びつけようとする、王佐の女魔術師の策略が始まった、というストーリー。

女騎士4人のうち、主人公が国王となった今も姉弟然として付き合ってくれるのが義姉であるケイお姉ちゃん。(CV:藍川珪)


"いつまでたっても姉弟気分" 優しくて横暴な姉騎士

 父・エクターと共に円卓の席を埋める騎士であり、アーサーの義姉でもある美女。
 王となったアーサーをいまだに弟扱いで、からかったり、こき使ったりする。
 他の円卓の騎士と比べた場合、剣技は一歩後れを取るが、戦場において発揮される比類無き生存能力の高さ故、部下から寄せられる信頼はとても大きい。

 時と場所を選ばずにアーサーを弟として扱う姿は、宮廷ではいつもの風景。
 その事でエクターに怒られる姿も、またいつもの風景。
 大切な弟が王となった事を何より誇りに思っているが、それを態度で示したら負けだと思っている。
 姉という立場に隠されながら生じた、小さく淡い感情に気付く事も無く、ケイは今日もアーサーをあごで使い、そしてエクターに怒られる。


立場だとか肩書きだとかにとらわれず、アタシとアンタは姉と弟、みたいな関係が見え隠れてしてよろしいですなぁ。
いくら国王となっても、姉には逆らえない弟の姿が目に浮かぶよう。
弟をからかったり、こき使ったりする一方で、
「大切な弟が王となった事を何より誇りに思っているが、それを態度で示したら負けだと思っている。
 姉という立場に隠されながら生じた、小さく淡い感情に気付く事も無く、ケイは今日もアーサーをあごで使い、そしてエクターに怒られる。」
こういう可愛らしい姉の一面を用意するところがお上手。



『つよきす 3学期』(CandySoft)


amazon.co.jp


つよきす3学期 応援バナー


さすがに説明不要でしょうか。
ツンデレ草創期からの老舗タイトルの最新作。
「たるんだ精神に活を入れて欲しい姉」といえば、昔も今も乙女姉さん一択です。
体育会系の厳しさはあるが、決してドSではない。
甘えさせてくれて優しい姉に浸りすぎると、二次元でも軟弱弟に成り下がってしまうわけで、立派な男になれと鍛え上げてくれる乙女姉さんは実は貴重な姉ヒロイン。

3学期は大幅な設定変更や新システムなどは特にないようです。


『ぜったい絶頂☆性器の大発明!! 処女(おとめ)を狙う学園道具多発エロ』(softhouse-seal GRANDEE)


amazon.co.jp


学園ハーレム化を企む第二科学部の主人公が、キワモノ(パロディ的に)の発明品で学園を侵略しちゃう話。


近所に住む幼馴染みのお姉ちゃんが登場。
発明品で悪を働く主人公に対抗する正義の魔女っ娘・高良月乃お姉ちゃん(CV:榊木春乃)。

峡哉の家の近所に住んでいる、幼馴染のお姉さん。

生徒会長を勤めており、成績優秀、スポーツ万能、明るく社交的で人望も厚いパーフェクトな人物。
しかし、幼馴染である峡哉と二人っきりになると急に態度が変わって、本来の性格を現し、
峡哉を様々な方法でからかったり苛めたりして楽しんでいる、超ドS。
子供の頃から、峡哉に数々のトラウマを植え付け続ける、峡哉にとってはラスボス的な存在。

陰では正義の魔女っ子・プレシャスムーンとして、町や学園の平和を守っている。

「あら? まさか私に逆らうつもりかしら?」


ギャルゲーのキャラクター紹介で
 「二人っきりになると急に態度が変わって」
と書かれればツンデレを期待するところなのに、
 「からかったり苛めたりして楽しんでいる、超ドS。」
ってオチで喜んじゃうのが姉属性M派閥の悲しい性。
やりたい放題の主人公にとって、月乃お姉ちゃんは天敵とも呼べる立ち位置。
彼女も弟の毒牙にかけられてしまうのか......?

トラックバックURL

このエントリーのトラックバックURL:
http://www.zenaneren.org/mt6/mt-tb.cgi/1360

コメント[2]

『ぜったい絶頂☆性器の大発明!! 処女(おとめ)を狙う学園道具多発エロ』はALcotハニカムでは無く、softhouse-seal GRANDEE ですよ。リンク先でもそのようになってるので間違いありません。

ご指摘ありがとうございます!
訂正しました。
また間違いに気付いたら教えてくださいませ。