2012年4月22日

今週のお姉ちゃんチェック

『D.C.III ダ・カーポIII』(サーカス)


amazon.co.jp


ダ・カーポ最新作!
もちろん、お姉ちゃん役も登場するし!

主人公は初音島の学園で5人の女の子たちに囲まれて活動する新聞部員。
ある冬の日、一斉に咲き出した桜とともに部員たちのもとへ届いた不思議なメールから始まる物語。
この初音島編と、王立ロンドン魔法学園が舞台の風見鶏編からなるストーリーのようです。


メインヒロインの一人、芳乃シャルルお姉ちゃん(CV:宮崎羽衣)。

芳乃シャルルお姉ちゃん


ハーフで甘やかしなイトコのお姉さん

ひとつ年上のいとこで、今は清隆と一緒に団地に住んでいる。
清隆のことを溺愛しスキンシップの激しさもあって、清隆はちょっと反応に困ることも。
色々と清隆の面倒をみたがるけど、料理の腕が......。
シャルルという男の子っぽい名前はお父さんがこだわって付けてくれたもので、本人も気に入ってるご様子。

「ねえねえ、タカくん、知ってた?
 いとこ同士って結婚できるんだって!
 よ~し、がんばるぞ~」

なにをがんばるのか!?
今度のお姉ちゃんは積極的だなぁ。
一見、すました雰囲気にも見えるけど、「溺愛」「スキンシップの激しさ」で、お姉ちゃんの方向性はつかめました。
呼び方はシャル姉でいいのかな?
ハーフのお姉さんってカッコイイよねぇ。
メインヒロインの中で唯一の年上ってことで立夏先輩がいました!)、アネスキー達の心を一身に集める予感。


そしてサブキャラにはメインヒロイン達に負けないくらい注目の姉弟が!
江戸川四季お姉ちゃん(CV:あおきさやか)とその弟・耕助君(CV:下野紘)。

まずはお姉ちゃん。

「ドSな毒舌風紀委員」 耕助の姉で風紀委員の委員長。 小柄でぱっと見は物腰柔らかくて、いつも菩薩のような微笑みを浮かべている。 しかし、その口から出てくる鋭いナイフのような毒舌で周囲の心を切り刻むどSな女性。 耕助にとっては天地がひっくり返っても逆らえない絶対的な存在である。

「あまりふざけたことを言っていると、
引っこ抜きますよ?」

ゾクゾクゥ......ッ!
容赦ないドSお姉様の匂い。
笑顔の裏に隠された、姉としてのドS性格に心躍る!
ああ、自分、ドMっ弟(こ)で良かった......。
お姉様のご趣味は「弟いじり」となっているし、姉キャラとして十分に活躍してくれそう。

弟・耕助君の方は、

「どMでお馬鹿なムードメーカー」

お馬鹿な悪友でクラスメイト。
黙っていればカッコイイのに、口を開けば欲望や妄想がダダ漏れなので女子からの人気は今ひとつ?
しかし、本人は特に気にせずに楽しい毎日を送っている。
ドMと呼べるほどの前向きな性格で、その形成にはどうやら姉が大きく関わっているらしいが......。

「か、勘弁してくれよ!
そんなことされたら俺は姉貴に精神的に殺されるよ」

姉貴にアイアンクローを喰らい続けてもめげないアイツの同類じゃないか!
姉にいじられていじられて、それでもドM性格ゆえに悦びに変換してしまう弟クンだ!
もう主人公よりも彼に感情移入しそうだよ!
最後のセリフなんか、ある特定の声優さんの声で再生されたよ!

主人公の悪友という点でもアイツと共通するけど、惜しいのは姉がメインヒロインではないことか。
個性の強さで存在感はありそうですけどね。

溺愛系のイトコのお姉さん、ドS姉×ドM弟コンビと、見どころの多い最新作になりそうです。


『アネ×ヘヴン』(コンプリーツ)

amazon.co.jp


姉一人弟一人の智頭姉弟と粟倉姉弟、そして姉一人弟二人の大原姉弟。
大原姉弟の姉が、冗談のつもりで他の姉達に余計なことを言い放ったばかりに巻き起こる騒動。
よくある主人公一人に多数のお姉ちゃんパターンではなく、3組の姉弟を並列で描いた珍しい構成の姉ゲー。

智頭さん家は、お姉ちゃんが弟を溺愛しているブラコン姉型の姉弟。

智頭朱音お姉ちゃんは、

昭文の姉。 弟を溺愛している。

「弟に彼女ができるかもしれない」
    ↓
「渡したくない」
    ↓
「その前に」

と言う発想で弟に猛然と迫る。

ブラコン姉としては健全な発想ですね。
「弟に彼女ができるかもしれない」→「渡したくない」→「その前に」
いいなー、「その前に」。
弟の大事な初めてはお姉ちゃんのものです。

一方、粟倉さん家はお姉ちゃん大好きで、しかしその感情を持て余しているシスコン弟が先行する姉弟。

粟倉美弥子お姉ちゃんは、

浩次の姉。 弟を可愛がっているが、どちらかと言えば男兄弟のような感覚だった。 弟が自分の下着を隠していることに気づいて意識してしまう。

こっちもイイですねぇ、「男兄弟のような感覚」ってトコが。
もし自分に姉がいたら、女子力(笑)の強いタイプよりも、気楽に接することができるお姉ちゃんの方がいいですもん。
男兄弟のような感覚だったが、でもある時から異性と意識してドキッとしてしまう感覚も加わってしまう......このジャンルでは王道の展開です。


この2組の姉弟を焚きつけたのは、大原麻耶お姉ちゃん。

朱音、美弥子共通の友人。 弟が2人いる。 朱音たちに余計なことを吹き込んで遊んでいる。 今回の騒動の犯人。

彼女自身が弟たちとどんな関係なのか、公式サイトでは説明されていませんが、しっかり仲良くしているシーンが他では紹介されているので、寂しいことにはなっていない模様。
体験版ダウンロードも公開されています。



『妹が僕を狙ってる』(ALL-TiME)


amazon.co.jp


タイトルは『妹が僕を狙ってる』ですが、間違いじゃありません!
お姉ちゃん出てきます!

主人公は3人の妹を持つ、シスコンの兄。
ある日、父親の再婚によってできた義理の姉の登場が、兄と妹の関係を変化させ...というストーリー。

悠木沙織お姉ちゃん(CV:南里一花)

「嬉しいんです。ずっと一人っ子だったから、弟ができて嬉しいんです」

学園の二年生。父親の再婚でやって来た義理の姉。
美人でお淑やか。家事も料理も完璧にこなす。
一人っ子だったせいか、主人公を "弟" として溺愛するようになり、すぐに妹たちとも馴染んでいった。
良き姉として絵里菜とも仲良くなる。

妹ゲーにしては意外なお姉ちゃんじゃん!

と、ここまでは良かったんです。
その続き。

しかしそれは仮の姿で、本性は他人を容赦なくいたぶり、泣き叫ぶ姿に極度の興奮を覚える、とんでもない淫乱痴女。 妹たちには内緒で、主人公の貞操を常に狙っている。

ぎゃぁぁぁぁ......

さらに良くなっとる
今週は姉によく狙われるな。

お姉ちゃんとのイベントCGも確認できましたが、そうは言ってもやはりメインは妹ゲーなので、姉も妹も両方OKの貴弟貴兄へ。



『電マ女と性感男』(ZION)

amazon.co.jp


激しく既視感のあるタイトル、ロゴ、キャラクター。
電気アンマ大好きなヒロインに責められる主人公の嬉し悲しいお話。

ヒロイン・香田せりおと主人公とは遠縁の親戚だが、彼女は弟持ち。

香田せりおお姉ちゃん(CV:蕪木徹子)。

普段は勝ち気で明るい女の子。 だが、主人公と二人きりになるとドSで上から目線に。 処女。 水泳部所属。 見た目だらしなくて口も悪いが、お料理上手。 主人公とは遠縁の親戚で、幼い頃よく夏休みを一緒に過ごしていた。

本当に今週はよく責められる。
弟クンとの関係が何も語られていないので、弟クンの方を見てみると

せりおの弟で、姉思いのいい奴。 明るく元気で家事が得意。 香田家の掃除や買い物を担当している。 リア充で年上の彼女の家にいりびたっている。 姉と主人公をくっつけようとがんばる。

姉思いはいいけど、お姉ちゃんを他人とくっつけようとか、自分はよその女とくっついているとか、姉ゲーと判断するのは厳しいかな?



『ゆきいろ 空に六花の住む町』(ねこねこソフト)


amazon.co.jp


雪の降る町を舞台とした明るい学園物。
ポンコツ幼なじみ、腐れ縁のクラスメートなどに囲まれる中に先輩発見。

陽気で明るい先輩・緑川翠子(すいこ)先輩(CV:遠野そよぎ)

主人公より一つ年上。最も古い知り合い。 子供の頃に主人公と同じ団地に住んでいたが、主人公が引っ越してからは離れ離れに。 今では同じ学園の先輩後輩となっている。 陽気で朗らかな性格。世話焼き。 呼吸するようにセクハラする人。 主人公のお姉さん的存在。

「うん。相当けしからんことになってるわね」

「陽気で朗らかな性格。世話焼き。」まではふむふむと読み進めていたのが、「呼吸するようにセクハラする人。」でコけた。
文章のコピペミスか何かかとも思ったが、間違いではないらしい。
先輩の反論については動画を参照。

そっかそか、セクハラとは言い過ぎだったのか。

でも、別のキャラ紹介動画を見たら、やっぱりセクハラ魔神であった。

「あなたの姉奴隷、緑川翠子でーす」(裸ワイシャツ・縞パン丸出し)

脱力!


『未亡人日記 憧れのあの女(ひと)と一つ屋根の下』(ORCSOFT)


amazon.co.jp


主人公は大学生。
ヒロインは、四年前に夫を亡くした未亡人であり、自分の初恋相手で歳の離れた従姉のお姉さん。
彼女の家に居候することになった主人公は、ある日お酒を飲み交わすうちに......と始まるストーリー。


明人の──つまりあなたの従姉であり、初恋の相手でもある女性です。
あなたよりひと周り年上で、ずっと昔からあなたのことを「あっくん」と呼んで可愛がってくれています。
(中略)
美人で優しくて清純で恥ずかしがりやな未亡人の綾子さん。
......ですが、意外にもお酒が大好物です。
ただ、酔いが回り過ぎるとえっちな気分が盛り上がってしまう性質なので、普段は家でしかお酒を飲まないようにしていますし、あまり飲み過ぎないようにもしています。
一応ですが、今までお酒で失敗したことはありません。

──あっくんが来るんだからお酒には気をつけないと、なんて思っています。
──でもやっぱり誰かと一緒に飲むお酒のほうが美味しいのよね、なんてことも思っています。

まず目を引くのは熟れたボディ。
未亡人というからには、これくらい成熟した色気がなければね。
そして、完全なオトナとしての余裕を年下の男の子に振りまくその姿。
母親とも違い、年の近い姉とも違う、年上の未亡人。


『姉恋』柚木N'/茜新社)


amazon.co.jp


姉コミックを描かせたら五指に入る柚木N'先生の待望の新刊!
もちろん今度もお姉ちゃん本!
柚木N'先生の姉本は余裕の作者買いですので、弟なら黙って手に取れ。
とらのあな各店では特典付きとのこと。

発売予定の4月27日には、『ぎゅっと!!お姉ちゃん』(三和出版)も同時発売。


amazon.co.jp


こちらは既刊から姉ものだけを選り抜いた再録本。
柚木N'先生初心者ならば特に必携の一冊になるはずです。

トラックバックURL

このエントリーのトラックバックURL:
http://www.zenaneren.org/mt6/mt-tb.cgi/1462