2008年1月22日

今週のお姉ちゃんチェック

『さくらシュトラッセ』(ぱれっと)

amazon.co.jp


【さくらシュトラッセ】応援バナー

母親が倒れ、シェフ不在となった実家の洋食屋に帰ってきた主人公。
未熟な彼の前に現れた美少女救世主は、実は魔女だった、というお話。

勝ち気なお姉ちゃん好みの貴弟(総裁含む)は、綾瀬優佳お姉ちゃん(CV:風音)・通称ゆー姉を絶対にチェックしておくべき!
弟溺愛系なのに乱暴な姉貴分でもある、貴重な逸材と見ました。

『素直になれないお姉ちゃん』

主人公の義理の姉で、大学生。通称“ゆー姉”。
近所の人曰く「弟を溺愛している」らしいのだが、
本人達にその自覚は皆無である。
年上なのをいいことに、力ずくで主人公に言うことを
聞かせようとする乱暴な姉貴分。


良いこと言った!×2
・「弟がいたら可愛くないワケない」理論により、お姉ちゃんが弟を溺愛するのは当たり前過ぎて、当人達は普通のことと思っている姉弟、これ最強。
・「姉が偉いのは…年上だから」。このシンプルな理由の一点張りで、お姉ちゃんを正当化することを全姉連は是とします。
「力ずくで言うことを聞かせる」って所もポイントが高い。「力」は、必ずしも物理的な力のみでないことは、皆さまお分かりかと。
サンプルボイスの「自己紹介」は、ゆー姉の人となりを非常に良くイメージさせてくれる出来であります。


ゆー姉以外にも、正ヒロイン・マリーの姉弟子であるクラウディアさんが、悪に憧れる女王様系+大人の魅力満載なバディ+お声が一色ヒカルさん+女の子にしか見えない可愛くて健気な弟を持つ姉と、豪華なスペックを誇るお姉様の様子。
しかし、攻略はかなわないのか?




『Garden』(CUFFS)


amazon.co.jp

人と交わることを避ける主人公を中心とした学園物。
主人公のお姉ちゃん、登場します。
こちらも溺愛系、そして過保護。
タレ目の優しい笑顔な柊彩花お姉ちゃん(CV:遠野そよぎ)。


涼の姉。物腰柔らかで落ち着いた性格の女性。
一方で弟である涼のことを溺愛しており彼に対しては過保護でありながら甘えん坊といった子供っぽい二面性を覗かせもする。涼にとっては頭が上がらない存在であり今回の秀英学園への転入を決断したのも彩花の後押しによるところが極めて大きい。


過保護でありながら甘えん坊。
つまりは4文字で表すと「べったり」?
お姉ちゃんにとにかく構って欲しいと思っている寂しがりやの弟さんに最適か。
もし主人公が気難しいタイプで、何かと構ってくるお姉ちゃんをうっとうしく思っていたりしたら、ちょいと総裁がこの手で修正してやりますが。
それを確認するための体験版が公開されているのですが、あいにく時間が取れませんでした。




『君が主で執事が俺で オフィシャルファンブック』(彩文館出版 ツインテールブックス)


amazon.co.jp


アニメきみあるが、期待を裏切らず、3話を経てなお息切れもせず調子を上げていて、大変楽しくなっています。
サービス度もさらにアップ。23時30分なんて浅い時間からこんなの放映しちゃっていいのかしら?

今週はきみあるオフィシャルファンブックが発売。
『姉しよ』時代から「ファンブックは買い」が持論ですので、もちろん今作も。

トラックバックURL

このエントリーのトラックバックURL:
http://www.zenaneren.org/mt6/mt-tb.cgi/1033