2008年4月10日

今週のお姉ちゃんチェック

今週も特段目に付くような姉モノは…。

そういえば去年の今頃は、蒼乃姉さんと出会って間もなかった頃。
また蒼乃姉さんと心穏やかな日々をもう一度と、二人の愛の巣へ。

蒼乃姉さんと僕の家

蒼乃姉さん、元気にしていました。
あまり邪魔されたくないのですが、この辺に住んでいます。



さて、4月期新番組も一通り始まりました。
例によって、ほぼ全作品の姉アニメチェックはピエールノトーシローノートさんの方でされているので、併せてご覧のほど。

『紅』
1話から夕乃姉さん登場してくれましたがチョイ役。ま、仕方ない。
もともと主人公と四六時中べったりの役ではないので、単発的に出番を待つスタイルの楽しみ方になろうかと。

『仮面のメイドガイ』
出番の面では全く問題無いなえかお姉ちゃん。
ブラコンではないのは承知済み。だが、そんなものはいくらでも脳内補完可能。
あとは、姉キャラに不可欠要素である弟の存在感ですが、予想以上に登場してくれており、視聴者の妄想を手助けしてくれました。
姉想像力豊かな上級者向け。


『D.C.II S.S. ~ダ・カーポII セカンドシーズン~』
出だしがどこかで見覚えあるようなシーンで、「変わってないのか?」とマイナス思考に陥りそうになりましたが、Bパートで何とか復活。

音姉(とっても良いこと思い付いたって表情で)「そうだ、それじゃこの後、劇の練習しよっか?お姉ちゃんが一緒にやってあげるから!」

義之「いや、だからいいって」

音姉(構ってあげたくてうずうずしている表情で)「どうして?どうせやるなら上手に出来た方がいいじゃない?ね?」

義之「だ、だから…」

音姉(弟くんの練習に付き合ってあげられて嬉しいなぁと満面の笑顔のアップで)「ね?」

義之「だから…」

音姉(照れなくたっていいのに。お姉ちゃんに任せてという表情のアップで)「ね?」

義之「いや、あの、その…」

音姉(やったぁ~!と楽しそうな表情で)「あはっ」

義之「…はい」

ファーストシーズンの空気扱いよりもずっと改善されました、音姉。
お姉ちゃんらしい描き方もされていて、第1話に関しては満足。
しかし、家庭外ヒロイン達との絡みも色濃く残されている状況で、本当に朝倉姉妹エンドを期待して良いものか。キミキスの時とは違った意味で毎週ハラハラさせられそう。



ところで、東京ローカルのネタなんですが、東京MXTVの土曜17:00から『R.O.D. -THE TV-』の放送が始まっておりまして、これが全姉連総裁の立場を離れて個人的に五指に入る作品。
姉要素的に見ても、3姉妹ジャンルとしては間違いなく最高峰。姉妹間の想いや絆が時にゆるく、時にシリアスに描かれ、最後まで飽きさせません。
また、3姉妹はある意味『sola』の蒼乃姉さんと同族とも言えますし!
未見ならば、万人にお勧めしたいアニメ。



来週14日(→17日でした)発売のコミックメガストア6月号は、音音先生の姉漫画が載りますとのインサイダー情報。楽しみ。

トラックバックURL

このエントリーのトラックバックURL:
http://www.zenaneren.org/mt6/mt-tb.cgi/1057