2008年7月10日

今週のお姉ちゃんチェック

TVドラマ『正義の味方』(日本テレビ系列 毎週水曜22:00)

「姉は悪魔だ!美しい人の皮をかぶった恐ろしい悪魔、それが姉の正体だったのです」

しまった!
週末の放送と勝手に勘違いして見逃しました。
ご覧になった弟さんはどうでしたか?


中田容子(志田未来)は、一見幸せそうに青春を謳歌する高校1年生。

この日も,朝、通学前に彼氏が家まで迎えに来ていた。しかし、髪型が決まらずモタモタしている間に姉・槇子(山田優)が「もう少し待っててね、容子、今、ウンコしてるから」と言い放ち、さっさと出勤していく。そしてドン引きした彼に容子はあっさりとフラれてしまう。

 姉・槇子は私立大学を首席で卒業し、政務省に勤めるキャリア官僚。そのオーラを放つ美貌も手伝って、近所の人からは羨まれ、職場の同僚・部下からは、高嶺の花であり、容子の同級生からは、憧れの的だった。

 そんな姉・槇子は「やられたら、やり返す。やられなくてもやり返す。」というのがモットーだ。職場で仕事中にネイルの手入れをしている事を上司に注意されると、喫煙をあげつらって論破し、口うるさい女性先輩にもしたたかに復讐をするのだ。


お姉ちゃんが主役のテレビドラマと言えば、『危険なアネキ』
今度の『正義の味方』は、妹に対する姉という点で若干惜しい気はしますが、姉の権力をかさに着て妹に対しやりたい放題の奴隷扱いは、姉に振り回されたいMっ弟の大好物。
性格的にも傍若無人、唯我独尊の悪魔チックな姉の様子。それがいい。
うーん、つくづく妹ではなく弟にすべきだったんじゃないかと思えてなりません。

姉の勝手気ままな悪事が、なぜか良い結果に繋がることになるので『正義の味方』なるタイトルが付いているらしく、本気でひどい姉を描いているワケではなさそうですね。
姉のワガママに付き合わされる妹に同情しながら、お姉ちゃんの豪快な性格を楽しむのが全姉連流かと。



テレビドラマついでに、テレビ欄でみかけた気になるタイトル。
おそらく関東ローカルの再放送ですが。

7月11日(金)10:30-11:25 テレビ朝日
暴れん坊将軍VI 第28話「姉とおとうと」

また時代劇!

ググってみると、こんな感じ内容





ピエールノトーシローノートさん恒例の「08’7月からのアニメ新番組」姉度予想公開中。

今までに大体半分くらい見られましたが、本命(と言っても、そんなに期待できる作品でもなく)はまだ残っているから、どうなることやら。

『薬師寺涼子の怪奇事件簿』のヒロイン、薬師寺涼子おねーさんが、スーツ姿に身を固めたクールビューティーの27歳。
DARKER THAN BLACK霧原課長に劣情を抱いていたチル先生はツボなんだろうなと思ったら案の定すぎて笑うしかありませんでした。
27歳教、上司主義、いずれにもオススメの作品です。

トラックバックURL

このエントリーのトラックバックURL:
http://www.zenaneren.org/mt6/mt-tb.cgi/1082