2010年1月 7日

今週のお姉ちゃんチェック

年末のビッグサイトで全姉連の新刊をお買い上げ頂いた方と、サイトからバックナンバーの会報を読んで頂いた方にアンケートのお願い。

皆さまが何を望んでうちの本を読んで下さるのか、教えてくださいまし!
せっかく書くなら読者の希望に添う方向にしたいので、その参考に。

設問形式にしましたが、特にこだわる必要はありません。
答えられる項目だけでOKです。新刊、既刊問いません。

回答フォームはこちら
回答内容によって、サイト上に転載して紹介するかも知れません。(名前は出しません)
転載不可の場合は一言添えて下さい。

よろしくお願いします。

『える・えるシスター 3』邪 武丸月刊コミックREX連載)

amazon.co.jp


「姉と弟こそ至高のカップル」を信じて疑わない総裁ですが、『える・えるシスター』のラブラブ小中居姉妹は別。
世間では「百合」コミックに分類されているようですが、全姉連的にはどう見ても姉妹愛コミックですよ!
年下の身内を愛してしまったお姉ちゃん大好きな貴弟なら、姉妹も姉弟も些細な違い。


小中居ふたばちゃん(妹)は、しばらく離れて寮生活をしている姉・一菜の通う学園に入学。
憧れの大好きなお姉ちゃんと感動の再会になる......はずだったが!?

という話で始まるこの漫画。
才色兼備の素敵な姉に憧れを抱くふたばちゃんの純粋さに対し、妹のことが好き過ぎて歪んだ欲望さえ抱きかねない(いや、抱いている)、超シスコンお姉ちゃんのキモ可愛さときたら!
お姉ちゃんの妹萌え回路がショートして、今日こそふたばちゃんの貞操が奪われちゃうんじゃないかとドキドキハァハァしながら読むのが姉属性人の正しい読み方。
そんな危ない趣味のお姉ちゃんに苦笑しながら、きらきらした目でお姉ちゃんを慕うふたばちゃんの姿は、性別は違えども同じ姉魂(シスコン)として大いに共感できるのです。


...そうは言っても、やはり基本は百合なので、もしその方面の趣味があれば始発で本屋に並んで買う価値ありの一冊。


一菜姉×ふたば

お姉ちゃんのちゅー!
しかし、これはあくまでお上品な方の愛情表現なのです。他にも本性が...


興味を持った貴弟には、まず1巻amazon.co.jpを試してみてからどうぞ。

トラックバックURL

このエントリーのトラックバックURL:
http://www.zenaneren.org/mt6/mt-tb.cgi/1247

コメント[1]

 コメントは初めて書かせて頂きます
kanimimi,s blog管理人 kanimimiと申します
(日本姉大賞では…)
総裁様の記事で える・えるシスター がUPさせるとは
思いもよりませんでしたので コメントさせて頂きます

 私の方でも過去記事を含めまして
レビューモドキ書いておりますので参考までに
⇒http://pub.ne.jp/kanimimi/?search=2469&mode_find=word&keyword=%E3%81%88%E3%82%8B%E3%83%BB%E3%81%88%E3%82%8B%E3%82%B7%E3%82%B9%E3%82%BF%E3%83%BC

 其々の姉妹が “月刊姉妹愛”に掲載されそうな
姉妹達ですが 確かに姉要素が高いと仰られるのには
私も同意しざるを得ません 姉スキーの弟の方々には
確かに 一読されるのを 進めるべきでした(笑)
が 当方は≪全日本眼鏡っ娘普及協会≫としてのブログでしたので
お恥かしながら 姉漫画としては 掘り下げてはおりませんでした