2011年8月17日

今週のお姉ちゃんチェック

夏コミで全姉連のスペースにお越しくださった皆さま、ありがとうございました!
暑さにかなりやられましたが、何とか最後まで参加できました。
新刊は貴弟の姉萌えライフのお役に立てたでしょうか。
ご感想、ご意見、ツッコミなど、お寄せください。

夜の打ち上げには、延べ25人の大宴会になりました。
一年で最も汗をかいた日に飲む生ビールの美味いこと。
お店のビールサーバーを全部飲み尽くしました。(実話)

次回は冬です。大みそか決戦です。
夏から冬はあっという間。
次の新刊の準備を始めないと......



『未来ノスタルジア』(PurpleSoftware)


amazon.co.jp

未来の主人公にフラれたと話す少女・杏奈の出会いによって動き始めた、超能力を持つ主人公を中心にして動き出す物語。

キャラクター相関図の中で、「頼りになる従姉だけど......」「可愛い従弟」で結ばれたお姉さんを発見。
星河雫お姉さん(CV:桜川未央)

星河雫お姉さん

陽一の遠い親戚で、幼なじみのまとめ役。 学生会の会長も務めているが、 普段の仕事は副会長のかなたに任せっきりになっている。 幼なじみたちと楽しく過ごすことに力を入れており、 なにか問題があった場合には、 率先して解決に当たってくれる。

何かあっても私に任せなさい、といった頼りがいのありそうな姉会長。
しかし、どこか大きな落とし穴がありそうな雰囲気も。

残念ながら扱いはサブキャラクター止まりのようで、サンプルCGの中でも出番無し。
攻略対象キャラの風格は感じられるのになぁ。


注:発売日が9月2日に延期されました。



『女ざかりは年下好み』(CATTLEYA)


カトレヤリンクバナー香澄

amazon.co.jp


熟れた年上女性との熱い恋愛を描かせたら日本一。
カトレヤソフトさんの新作は、ひなびた温泉宿を舞台に妖艶な女性4人に囲まれるお話。
いつも真摯な製作態度がにじみ出ている開発者メッセージでは、
「平凡な青年とそれぞれ事情を抱えたヒロインとの淡く瑞々しい心の交流」
「"恋にのぼせた若者"と"熟れきった肉体の火照りが冷めない熟女"とのドロドロの身体の交流」
「自分の魅力を駆使して若い男を虜にする年上の女性」がテーマ」

と紹介されています。

今回のヒロイン4人のうち中心的な存在は、温泉宿の女将である滝川香澄お姉ちゃん(CV:木梨樹里)

朗らかで優しい性格の、漣荘(さざなみそう)の女将。 渉吾の子供のころの憧れの女性で、幼い渉吾の面倒を見てくれたやさしい「お姉さん」。

成長して再会した後も渉吾を子供のように扱う。
大人の男性として扱わねばと思うのだが気が抜けるとすぐに子ども扱いしてしまう。
ところが、渉吾の成長した肉体を目撃してからは、男性としてことさらに意識してしまうようになる。
(後略)

子ども扱いされたい! 甘やかされたい!
そして、小さい頃は憧れだった女性を、大人になった今、自分のせいでドキドキさせたい!
今回も熟したお姉さんを振り向かせる興奮と喜びが詰まっていると確信しました。
小娘では物足りなく感じてきたら、まずはこの1本から。
体験版ダウンロードもあり。



『ちちみこ!!』(らぱぷる)


amazon.co.jp


実家の神社に代々伝わる乳巫女の座を選ぶため呼び戻された主人公とその母親のお話。

もう6年も前に実行したエイプリルフール企画、「おばあちゃん萌えサイト・全婆連」。
9割冗談・1割本気で、これから婆萌えの時代が来ると訴えましたが、案外早く来ちゃいました。

『ちちみこ!!』の筆頭ヒロインは、主人公の実の祖母。
乳泉燈華おばあちゃん(CV:このえゆずこ)

乳泉神社で現・乳巫女を務める右京の祖母。 年齢に不釣り合いな美貌と、超乳を持つ美女。 普段は神社の乳巫らしく、年相応に落ち着いていて、穏やかでしとやかな印象を受けるが、こと乳巫女関連になると人が変わる。

毎日おっぱいを搾って乳泉神社 特製のお守りを作っていたが、最近聖乳の出が悪くなってきたのを気にしている模様。

さすがに容姿までガチおばあちゃんではありませんが、設定上は間違いなくソボン。
登場ヒロイン中、最大を誇るバストは130のQカップ。

祖母が登場した後だと、実母の恋華ママンとか伯母の桃華さんの存在が普通に思えてくるから不思議。

全姉連の最注目は、当然こちらの従姉・鈴華お姉ちゃん(CV:五十嵐ナナコ)

桃華の娘で、右京にとっては従姉妹のお姉ちゃん。 結構な恥ずかしがり屋。 昔は、遊んでもらった記憶がある。 しばらく田舎に帰ってなかったので、久しぶりに会った。

昔から発育が良いほうだったが、今の学園に入ってからおっぱいがどんどん大きくなってしまい、コンプレックスを抱えている。

姉が最年少のヒロインとはね。
いくら自分は年上好きを自認していても、まだまだひよっこだな......。

トラックバックURL

このエントリーのトラックバックURL:
http://www.zenaneren.org/mt6/mt-tb.cgi/1404