2009年7月 7日

今週のお姉ちゃんチェック

7月7日は、
タマ姉のお誕生日!
帆波ねぇやのお誕生日!
木ノ下貴子さんのお誕生日!
紐緒結奈閣下のお誕生日!
柊かがみんのお誕生日!
(各リンク略)

毎年毎年祝いきれません、7月7日は。
来年から7月7日を3日くらい分けたらどうでしょう?

こんな記念すべき日だからこそ、大きなイベントでも起こしたいんですけどねぇ。
起こしたいという気持ちだけで終わってしまうのは何のせいか。(一昨年のアレは結構頑張った方)


自分は頑張れなくても、あの先生なら更新してくれるはず…
やっぱり来たー!
ホントにバブルだと思います。
でも、それでいて粗製濫造って訳でもないんだよなぁ。
で、つつみ先生も夏コミ当選されていたようです。何を出されても必ずや伺わせていただきます。

そして、木ノ下貴子さんといえば、Pia☆キャロットへようこそ!!シリーズ最新作の「4」が発表されました
G.O.やG.P.には全く興味が持てずにスルーしていましたが、今回はビビッと感じました。
正統を継ぐ「4」というナンバリングもそうですが、持ち上がりヒロインに朱美さんが選ばれていたことが大きなポイント。
しかも主人公の従姉の設定付き。
今回はやってくれそうな気がします。


7月期の新番組が始まっています。
チェック漏れしたところでは、『NEEDLESS』に姉弟キャラが登場しているとのこと。

そして、完全に忘れておりました、『うみねこのなく頃に』
館のメイドさん、紗音さんと嘉音くんは一応は姉弟。
ブラコン・シスコン要素はなくても、互いを思いやる姉弟愛はあります。原作では。
紗音さんのCVが釘宮さんでした。くぎゅう声の姉キャラを見る日が来ようとは。
それにしても、えらいスピードで駆け抜けた第1話でしたが、全く知らない人でもついて行けたんでしょうかねぇ。


なお、ほぼ全作品をチェックしている、恒例のピエールノトーシローノートさんのトコのアニメ新番組姉度予想 が更新されているので要チェック。



週刊少年ジャンプの新連載『あねどきっ』(河下水希)については、今さら取り上げる必要もないほど周知されているようで、総裁もチェックさせていただきました。
主人公は13歳の中学生・落合洸太。父親が仕事で急に長期不在となり、そこへ身元不明の謎の美少女17歳・萩原なつきが押しかけてきて、訳の分からないまま同棲生活が始まった!? というストーリー。

押しかけ型だったか!
「あね」って付くから、本来の意味のお姉ちゃんを期待したんですが、ちょいとずれました。
見知らぬ他人のおねーさんとのドキドキ同棲生活よりも、パンツを見られるぐらいどうということもない姉弟同居生活の方が好きなもので。
(だからってパンチラが嫌いって意味じゃないんだから、勘違いしないでよね!)

しかし、実の姉でないことをフォローする要素もあって、4つ年上の余裕をこれでもかと見せつけ、13歳というプレ中二病の男子をもてあそぶ悪女でもあります、なっちゃんは。
扇風機をお色気アイテムに変化させたあの行動は、るり姉(TLSS)を彷彿とさせる憎い表現。

とかく同級生や下級生との恋の駆け引きで退屈なラブコメではなく、年下の男の子を翻弄する年上おねーさんがヒロインの漫画ということで、全姉連としては大歓迎。
アニメ化はいつ?



『える・えるシスター』邪 武丸/一迅社REXコミックス)


amazon.co.jp amazon.co.jp


全姉連は、美しき姉弟愛を至上とするサイトです!

でも、姉妹愛も良いと思います。

『える・えるシスター』については、以前小耳に挟んで気になっていたのですが、今週第2巻が出るとのことで、良い機会だと1巻を先に買ってみたのです。
まあ、『けいおん!』の唯ちゃん憂ちゃんみたいな仲良し姉妹をちょっと強調したくらいかなと思っていたら、そんな生ぬるいモノじゃありませんでした。

一菜お姉ちゃん(『える・えるシスター』より)

ヤヴァイよこのお姉ちゃん!
いやいや、まだこれはまともなレベル。
この2ページ先は、妹ドン引きの衝撃告白が…!


妹・ふたばは、2つ年上の大好きな姉を追って櫻宮学園に入学。
2年ぶりに再会した姉・一菜は、以前と変わらず才色兼備で品行方正な生徒会長だったが、より過激なシスコンに変貌していたのだった! という話。
総裁も今まで、弟のお風呂を覗き見てハァハァしたり、弟の汚れ物を狙うような行き過ぎた姉を見てきましたけどね、それと同類なんです。妹の貞操は常に危険と隣り合わせ!
姉マニアに受けるギャグって、お姉ちゃんのぶっ飛んだ行動や思考回路にあると思うんですよね。それがこの漫画にはあります。

ちなみに、タイトルの『える・えるシスター』は、L-size Little Sisterの略で、妹のふたばちゃん(表紙絵右手)が身長180cm近いことに由来するもの。
この子だけでも十分にお姉ちゃん子なんだけどなぁ。姉の方のシスコンがぶっ飛びすぎて、そこがまたイイ。
弟や妹を愛し過ぎてしまった姉を見るのが何より好きな貴弟にこの1冊。



『ぶらこんッ!?』いとうえいアクションコミックス


amazon.co.jp


先月『お姉さんじゃダメかしら?』を出したばかりのいとうえい先生が描く、コミックハイ!連載のブラコン・オムニバス漫画の第1巻が7月10日発売。
ブラコン、は姉→弟だけでなく、妹→兄の意味も含んだ言葉として使われているので、100%姉弟漫画なわけではないのですが、兄妹モノも遠くて近い親戚みたいなものですから。
コミックハイ!サイト内のいとうえい先生に10の質問では、「近親系の物語が好き」とのことで、単なる年上好きとは一線を画す姉漫画家と認定。
(その点から言えば、『お姉さんじゃダメかしら?』はバラエティに富んでいて良かったものの、もっともっと実のお姉ちゃん比率を高くして欲しかった!)

いとう先生の困ったところは、女装させた弟が可愛いってことでしょうか。
最近は、男の子だからこそ可愛く描く傾向が業界に広まってしまって、いつ覚醒してしまうか戦々恐々だというのに!
将来、全姉連が自然消滅して、そして日弟協なるサイトが生まれていたら、それは…。

トラックバックURL

このエントリーのトラックバックURL:
http://www.zenaneren.org/mt6/mt-tb.cgi/1194